RunCome+

Stray Cat Rock

2009-46

40周年を迎えた銀座シネパトスが「名画座宣言」。2館のうち1館を今後邦画名画専門として運営していくそうだ。

そのオープニングプログラムのひとつ、レイトショーでの「COOL & WILD 梶芽衣子特集」。まずは、先日惜しくも亡くなられた日活ニューアクションの旗手だった長谷部安春監督の代表作野良猫ロックシリーズから幕開けってことで、初日に出かけてまいりました。

「女番長 野良猫ロック」(1970) 監督:長谷部安春
2月に同じくシネパトスのレイトショーで見た「野獣を消せ」の脚本:永原秀一 監督:長谷部安春のコンビによるシリーズ第1作。
表向きの主演は和田アキ子なれど、「野獣を消せ」でも主役渡哲也を食っていた藤竜也とまさにクール&ワイルドな梶芽衣子の二人のカッコよさに痺れる80分。まだ高層ビルが立ち並ぶ前の西新宿、バギーが走り回る新宿駅地下街、スクリーンの中の街にタイムスリップしたくなるほど風景も魅力的。そんで、范文雀のファッションもいかしているし、何より今見ると痺れるのがモップスの演奏シーン。アンドレ・カンドレ時代の井上陽水なんてレアなものも見れます。シネパトスで見るってのも気分だしこの特集なんとか制覇したいなりですよ。










[PR]
by runcomeplus | 2009-07-05 12:44 | 映画部
<< 続 Nike Luna Glide 皇居LSDと代々木公園20kmジョグ >>