RunCome+

劇画≒映画

2009-47,48

c0191977_144265.gif
シネマヴェーラで劇画、漫画の実写版映画特集が始まってます。二日目の12日(日)に、名画座定番にもなってる二本「銭ゲバ」(1970)「女囚701号 さそり」(1972)を。


映画版「銭ゲバ」これまでも何度も見る機会はあったんだけど、なんとなく見逃し続け今回が初見。主演は唐十郎だけど、状況劇場の練習場建築資金稼ぎのためだけに出たなんて噂話があったり、配給が東宝だしでせっかくの「銭ゲバ」が駄作だったら・・という危惧が強かったんだな。漫画の「銭ゲバ」はリアルタイムにサンデーの連載で読んでおりました。

けど傑作ってわけじゃないけど、そんな悪くない映画でした。唐十郎の持つナチュラル・ボーン悪意のようなものがうまく生きてた。しかしなんといっても岸田森。なんつー殺され方!

「女囚701号 さそり」はもう何度目かだかわかんないけど、何度見ても面白い!奇跡のようなカメラアングルに奇跡のような梶芽衣子の眼力と顔力。横山リエのハスッパ加減もいかしてるし、渡辺やよいのキュートさよ!

さそりは20日月曜からシネパトスで順次全シリーズ上映になるんで、第41雑居房も見に行こうかなと。
[PR]
by runcomeplus | 2009-07-18 14:04 | 映画部
<< 中野チャンプルーフェスタ2009 続 Nike Luna Glide >>