RunCome+

修羅雪姫 怨み恋歌

2009-49

c0191977_2146198.jpg
三連休の最終日は我がオアシス、シネマヴェーラに。時間の都合で釣りバカはパスし、梶芽衣子「修羅雪姫」第2作目を。

部隊は明治の末期、大逆事件の裏に隠された事実とは、無政府主義者、大陸アウトロー、貧民街、そんで出演が伊丹十三、岸田森、原田良雄、、、これで面白くないわけがない。残念ながら肝心の主役梶芽衣子に輝きが足りないものの、大量の血飛沫と曲者揃いの役者たちがしっかりカバーしてくれてる佳作。特に最後の岸田森の殺されっぷり。あの神社のシーンだけで大満足。

あー、すっかりまた映画熱に火がついちゃったなー・・今回シネマヴェーラでやんなかった女囚さそりと修羅雪姫シリーズ@シネパトスと阿佐ヶ谷の恐怖女子高校シリーズ。楽しみだ!
[PR]
by runcomeplus | 2009-07-20 21:59 | 映画部
<< 覚えてナイトde夏祭り 中野チャンプルーフェスタ2009 >>