RunCome+

「川の底からこんにちは」

2010-30

c0191977_22514749.jpg

「愛のむきだし」で気になる存在となった満島ひかり主演「川の底からこんにちは」、どうせならと初日初回の舞台挨拶付き上映を見てきた。

上京5年仕事は5つ目彼氏は5人目、「自分はどうせ中の下」「しかたない」が口癖のOLが、リストラされたダメな彼氏を連れ喧嘩別れした父親のしじみ工場を継ぐ事になり、、、というお話。

結構期待して見に行ったんだけど、期待以上に面白い映画だった。これは見るべしですよ。

登場人物のキャラが全員ちゃんと作りこまれているし、ブラックな部分含めユーモアは効いてるし。

舞台挨拶で石井監督が「今時「誠実」なんて言葉死語かもしれないけど、誠実に作った映画です。」と語ってた通り、これも「無視するな」の一本。

石井組常連のベテラン女優が「監督は、人を信じて撮ることが出来るようになった。」と言ってたのが印象的。

安直な人生応援映画を無力化する誠実で切実な人生応援映画。

そして何より満島ひかりの熱演!スゴイ映画女優が生まれたもんだ。

「SRサイタマノラッパー」にやられた人には絶対にオススメ!

どちらか一方見るまではと読まずにおいたspotted701の森×直井対談読んだら、ますます「SRサイタマノラッパー2」が楽しみになった。そして「SRサイタマノラッパー2」見ようと思ってる人には「川の底からこんにちは」も見ておくことを強くオススメします!

けど、岩松了ってのは、ずるいよな。大抵の映画は岩松さんが出たらそれだけで面白さが増すような気がする。あ、「SRサイタマノラッパー2」にも出てるんだ。

c0191977_2253319.jpg

上映後の舞台挨拶。まさかの映画の中のしじみ工場衛生服姿で登場。満島さん顔ちっちゃ。。子役と顔の大きさそんな違わない。あんなカッコでも美しゅうございました。
[PR]
by runcomeplus | 2010-05-01 23:59 | 映画部
<< THIS IS REGGAE 「時をかける少女」 >>