RunCome+

「懺悔 松岡真知子の秘密」+「デコトラ★ギャル奈美 爆走!!夜露死苦編」

2010-45

いよいよ、その男JoJoにつき最終日。今日は「懺悔 ─松岡真知子の秘密─」「デコトラ★ギャル奈美 爆走!!夜露死苦編」の新作2本立て。今回の上映11作品中8作品見れたことになるけど、まだまだ城定ワールド堪能したい。

c0191977_23361397.jpg

「懺悔 松岡真知子の秘密」
今回の特集上映で、城定作品といえば、ハートウォームでウェルメイドなライトコメディという印象が強くなったけど現時点での最新作は、まったく嗜好が異なるウェットでシリアスな作品だった。そして徹底的にエロい!

例えば奈美のような作品の場合、絡みのシーンがなくても映画は成立するわけだけど、セックスシーンがなければ一切成立しない必然性のあるエロ。

そしてやはりクライマックスの凄まじさ。まるで遠隔レイプのようなセックスと嘔吐の果てに埋まる姉妹の溝。

ポレポレのような規模の映画館で観ると、救いなどないような物語の展開に魅入っているのが自分だけでないことが良く分かる。暗闇の中満席に近い観客全員張り詰めているのが伝わってくるのだ。咳払いひとつできないかのような。

この作品との出会いがポレポレでホントに良かったなー。

しかし、原紗央莉のシーンの撮影がたった1日なんて。彼女の演技力も凄いけど城定監督の演出力を証明するエピソードじゃないかと。

原紗央莉のAVも見てみたくなったよ。これは作画に独りで部屋で。テヘ。

「デコトラ★ギャル奈美 爆走!!夜露死苦編」
今回の特集中唯一2回見た作品。

冒頭、吉沢明歩と亜紗美の女番長対決で一気に引き込む作りが巧いなー。

色んなものを詰め込んでるようで無駄なものが一切ないエンターテイメントの塊のような映画。プログラムピクチャーの真髄を堪能。

監督自身作品紹介でも書いてるけど、サブの亜紗美が主役級に活躍するのもPart.2映画ならでは。

毎年盆か正月に映画館でSRサイタマノラッパーシリーズとデコトラギャルシリーズ2本立てなんて観れたら最高なんだけど。

吉沢明歩も奈美には相当な思い入れがあるようだし、Part.3も楽しみと思ってたら、次は原紗央莉主演の「デコトラギャル 瀬菜」!!!


女房子供がいると自宅では中々見れないんだけど、チャンスを狙って今回見れなかった城定作品も見ていかないと。
[PR]
by runcomeplus | 2010-07-02 23:59 | 映画部
<< ジューシィ・ハーフのやっぱりア... 「若妻痴漢遊戯 それでも2人は... >>