RunCome+

谷村美月17歳、京都着。~恋が色づくその前に~

c0191977_2349597.jpg

4,5年前から機会あれば一度観たいなと思っていたDVDが未開封中古千円であったので即買い。
これは嬉しい。
2008年関西テレビのドキュメンタリー番組のDVDなんだが、スタッフが凄い。
監督:山下敦弘、構成:向井康介、撮影:近藤龍人に加え、編集が松江哲明という布陣。
2012年は「真夜中の子供シアター」の3人が一緒に仕事することはなかったけど、山下監督は「苦役列車」、向井康介は「ふがいない僕は空を見た」の脚本、近藤龍人は「桐島、部活やめたってよ」の撮影として3人が関わった作品が全てめでたくキネ旬ベスト10入り。
そして松江監督はいよいよ大傑作「フラッシュバックメモリーズ3D」が来週から一般公開と今の日本映画の良心のようなクリエーター達が谷村美月という当時17才の若手演技派女優と一緒に作り上げたドキュメンタリーのようなドラマのような作品。松江監督の編集の上手さがよく分かる作品だった。

どこまでがノンフィクションで、どこがフィクションかという詮索は置いておいて、前記4人がまるで谷村美月に片想いでもしているかのような視線で、彼女の魅力を最大限に引き出した作品になってるんで、観てるこっちもうっかり17才の女優に惚れてしまっちゃうかのようだ。
女優谷村美月が素の谷村美月を演じているんだけど、ピュアな部分は隠せないような。
山下監督って、マイバックページの忽那汐里や苦役列車の前田敦子にしてもそうだったけど、ホント女性を魅力的に撮るのがうまいよな。
[PR]
by runcomeplus | 2013-01-12 23:59 | 映画部
<< 暴力(ヴァイオレンス)の90年代 DOCUMENTARY of ... >>