RunCome+

【ストーンズを巡る冒険2017秋 アーネム編⑨ 三日目 15.OCT.2017(SUN) After Party】

c0191977_10161916.jpg
今回はVIP PACKAGEと呼ばれる簡単なお土産付きで良席保障のボッタくりチケット買っていたんでお土産ピックアップして帰ります。お土産はリトグラフ(厚手のポスターのようなもの)だけかと思っていたらバッグに超欲しかったパスポートケース含め一式入ったものが貰えて超超嬉しかった。パスポートケースとかはVIP TRAVELと呼ばれるホテルもセットになった最高額のチケットだけの土産かと思っていた。Mr.Dといい嬉しいこと続き。ほんとアーネムに来てよかったよ。

シャトルバスの行列に並び、「アーネム駅行はここで大丈夫?」と念のため近くの人に確認したら「そうだよ、どこから来たの?」「日本の東京からだよ。」「オランダ旅行?」「うーんと、、ストーンズを見に来たw」「なにそれw、何日いるの?」「3日間」「えー信じられない(大笑い)」という弾丸遠征のお約束の会話をしてバスを待ちますw。終演が24時くらい。市内に戻ってきたのが24時半過ぎ。時差ボケの初老夫婦は既につらい時間ですがまだハイ状態なのでクールダウン兼ねて広場に寄ってみることに。

昼と一緒の店にいたらまたあの親子にあえるかもとLOFTで飲んでいたらストーンズのTシャツを着た20代の若いカップルに話しかけられる。彼氏の方が日本にとても興味があるらしく、来年結婚する予定でハネムーンで日本に行きたいけど高くて諦めかけているとのこと。このエンス君、興味あるというだけあり、本当に詳しくて「漢字とひらがなとカタカナの使い分けは、どうしてるんだ?」とか「北朝鮮のミサイルはどのくらいの恐怖なんだ?」とか矢継ぎ早に聞いてくるw。「日本人は全員漫画読んでるって本当か?」って聞かれ「いや大人でも漫画読む人多いのは事実だけど、全員ではないよ」と答えると彼女が「ほらね、オランダ人が全員木の靴を履いていないのと一緒よ」と全員で大笑い。中国語や韓国語は話せるのか?と聞かれ、どっちも話せないと答えたら、オランダ人はフランス語も英語もドイツ語も簡単な会話はできるのに、何でだ?といちいち聞いてくることが難しくて面白い。

年を聞かれたので正直に教えたら両親より年上だと本気で驚いてました。

しかし初対面の30も年下のカップルに肩を抱かれ写真を撮ったり、「僕が年上だから、ここは僕が奢るよ」「いやいや、ここはオランダで、日本人がゲストなんだから僕が奢るよ」「いやいや・・・」なんて酔っ払い会話しながら奢り奢られで酒呑んだりなんて東京ではないことだから、やはり旅は楽しい。

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと楽しいだけのまま、長い長い1日も終り、就寝は26時半でした。

[PR]
by runcomeplus | 2017-10-22 10:17 | 転石
<< 【ストーンズを巡る冒険2017... 【ストーンズを巡る冒険2017... >>