RunCome+

<   2009年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

3月のJog

先週までは疲労回復のため軽めに済ませていた朝のジョギングも今朝から10kmに戻しました。平日朝は代々木公園を走ってるんだけど、桜の時期は澄んだ空気の中お花見ランという贅沢を味わえます。桜によっては、既に葉桜になっているのもあったりで、お花見ランが楽しめるのも今週いっぱいかな~。ただ前夜のゴミが散乱しカラスをよけながら走んなきゃいけない日もあるんで、夜桜のゴミだけはキチンと処分して帰ってほしいとこ。

代々木公園は、東京電力長距離・駅伝チームも走っていて監督の谷口浩美さんとも簡単な朝の挨拶を交わさせてもらってます。今朝もすれ違うときに「おはようございます」と。その谷口さん、9年ぶりに東京マラソンでフルマラソンを走り4時間25分15秒でゴールだったそう。きっと朝と同じように笑顔で周囲の市民ランナーにエールを送りながらの42.195kmだったことでしょう。本来なら雲の上の存在のような人と身近に接する機会が持てるのも長距離走の魅力の一つじゃないかなーと思ったりもして。

こうして日常のジョギングに戻ってきたわけだけど、3時間半に届いた今は東京マラソンを走る前の自分とは別の自分になれている気もしてます。ようやく壁に届いたんで、次は壁の向こうにいけるよう走り続けていこうかなと。

【月間記録】
走った日 19日
走行距離 229.9km
体重終値 68.6kg (+1kg)

出場レース
3/22 東京マラソン フル 3:30'57"


東京マラソン前後の調整期間もあり月間目標200kmとしてたので、充分な距離走れたんじゃないかなーと。4月からは月間250kmは走りたいなーと思っております。

本番終わるまでガマンしてた「南海」のカツカレー完食したり、平日の晩酌解禁したり、風呂上りのアイス解禁したりしてたら1週間で体重1kg増えちゃったよ。。今週からまた自制しないと・・
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-31 14:53 | No Running No Life

坂道ダッシュと花見とWBC紙ふぶき

春からの練習につなぐため、今朝は代々木公園西門の坂道を上りはダッシュで下りはゆっくりの坂道インターバル10本+公園内を花見ジョグで7kmを走る。毎年この時期はシーズンが終わるのが寂しく何となく物足りなさを感じていたんだけど、今年は不思議とそんな感情がなく、来るべき秋に向けた楽しみが勝っている。それだけ東京マラソンで燃焼できた幸せの証なんだろな。

そんで午後はお世話になってる宮内さんにお願いしBEAT CAFE+MILLIBAR合同花見にお邪魔させてもらいました。MILLIBARセーノさんに「お久しぶりです」とご挨拶すると、「4日前に会いましたよ」と。うひゃー、クアトロで会ってたそうなんだけど、ホントにホントに記憶がないよ。。。

花見に持っていった「万齢」春の酒も好評で、応援団としては嬉しい限り。

そんでそんで、花見に来てた宮内さんの同窓生からとても嬉しいお土産も頂いて。
↓なんだと思います?
c0191977_21474336.jpg

3/23 LAドジャーズスタジアム、日本が延長戦を制し世界一に輝いた瞬間舞った紙ふぶきのひとつ。雑誌Sportiviaのライターとしてその瞬間を生で見ていた方から証拠のチケットや写真を見せてもらい頂いたもの。↓のバックで舞っているもののひとつです。
c0191977_21553871.jpg

こいつは春から縁起がいいや。本日お世話になった皆さん、楽しかったです。ありがとう!
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-29 21:58 | 日常

BITTY McLEAN/MOVIN' ON

c0191977_10534216.jpg

ビティ・マクリーン「ムーヴィン・オン」
2009.03.25
アルバム / VICP-64670


トレジャー・アイルのトラックを蘇らせた前作「On Bond Street」から5年(早~)。待望のビティ・マクリーンの新作が出たのでご紹介。今回はSly&Robbieとタッグを組んでジャメイカン・スタイリーでありワールド・スタンダードでもあるジャメイカン・ソウル(=レゲエ)アルバムの傑作を届けてくれた。

次はスラロビと聞いたとき、前作の流れで往年のTAXIのリディムを使ったものになるのかとも思ってたけど、全曲新録。リディムのマッシブさ、縦横無尽な魅力は保障済みのようなもんですが、このプロダクション、ギターやキーボードなど上物が色気たっぷりで最高なんですよ。バックトラックだけで御飯3杯はおかわりできるような完成度。その上にあのビティの単に甘いだけでない麗しのボーカルが乗るんですから、黙って買いのアルバムであります。ベースがしっかりしてるし、アレンジもやりすぎてないから何度も繰り返し聴いてるけど全然飽きないし、何度も繰り返し聴きたくなるアルバム。

レゲエの歌物というとカヴァーが楽しみのひとつでもあり、今回もBobby Womack"You're Welcome, Stop On By",Leroy Hudson"So In Love"なんて渋めの曲からSteivie Wonder"Lately"さらにはOtis Redding"Try A Little Tenderness"という超王道な曲までをビティ&スラロビ流に料理してます。中でもセクスィー部長色香恋次郎もタジタジとなりそうなほど男の色気濃味な"You're Welcome, Stop On By"、TAXIリディムをリメイクしダンスホールスタイルでアレンジした"Lately"は秀逸。

そしてカヴァー以上にオリジナル曲が魅力的なのが、本作の嬉しいところ。1曲目"Games With Love"からメロメロになること間違いなし。レゲエファンはモチロンのこと、普段レゲエをあまり聴いてないような人にこそ聴いてもらいたいアルバムです。
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-29 11:21 | 今こそレゲエを聴こうの会

Nike Running Club@駒沢公園

3時間半のボストン基準タイムクリアを目指し、東京マラソンまでは自分なりにトレーニングメニュー組んで週末は独り黙々と長い距離やスピード練習にあててきたんだけど、無事目標もクリアし完走できたんで、気分転換&MIDORI先生への報告かねて駒沢公園のナイキランニングクラブに参加してきました。これまで代々木のには何度か参加してるけど駒沢のゲーム方式のクラブ参加は初めて。

今日のメニューはチームランリレー。1周2.1kmの駒沢公園ジョギングコースを10周、1チーム4,5人のメンバーでリレーして走り、NIKE+でのチーム計測タイムと事前の予想タイムが最も近かったチームが優勝というもの。チーム数16チームだったんで、結構参加人数多かったです。そんで、この日は雑誌OZ Magazineの取材も入ってて29manはじめビーコンチームの皆さんやヤマケンもいて期せずして皆にも報告出来たんでよかったよ。そんで、そんで、ビーコンチームからの参加者が凄い偶然でチームメイトになったりと。我がチームは男女2名ずつ、女性の一人がビーコンの別嬪さんSさん、もう一人がサンフランシスコで開催のNike Women's Marathonに申し込んでるっていう中々チャーミングな女性、男性のチームメイトはなんとなんと先週の東京マラソン3時間半とほぼ同じ頃にゴールしてた人と待ち時間の間の話題にもこと欠かさず、いい年こいてヒトミシリーなオッチャンも溶け込ませてもらい楽しんでまいりました。結果は残念ながら入賞ならずだったけど、初対面同士が走りを通して仲良くなるといういい時間を過ごすことできてそれだけで満足。

けど、10時開始で終了14時過ぎは長すぎるかなー。もうちょっとサクっと出来ればまた次回も是非是非参加したい限りです。チームメイトのみんな、ナイキのスタッフの皆さん、ビーコンの皆さん、MIDORI先生、今日はありがとうでした。
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-28 20:10 | No Running No Life

都築響一「HAPPY VICTIMS着倒れ方丈記」

c0191977_17344342.jpg

都築響一の新作は(今は無き)雑誌「流行通信」連載「着倒れ方丈記」約7年分をまとめた写真集。衣食住のうち「衣」にかける金銭及び情熱が人一倍強く、かつその情熱を特定ブランドのみにそそぐ「着倒れ君」たちのコレクションを、「住」の場の中で撮影した写真と都築響一の文章が見開きで並ぶ構成。そのバランスの崩れっぷりは、例えば風呂なし築30年の木造アパートに住んでるが服もカバンも全てエルメス、汗っかきなので50万の通勤カバンのグリップにはタオルを巻いてもつが、そのタオルもエルメスのバスミトン!という男性のようなケース。

本文及び主役の写真たちもいいんだけど、前書きがまた秀逸。本書で都築響一は「着倒れ君」たちをネガティブに見てるのではなく、「コンビニのパンや袋菓子で御飯を済ませレコードを買いまくるDJ志望青年」と同様に、その理屈を越えたポジティブなパワーを称えている。

しかしそんな「着倒れ君」たちは、当のブランド側からはブランドイメージと異なる顧客として恥ずかしがられ軽蔑される存在なんだそうだ。売る側にはちっとも大切にされないまま、一方的に愛するブランドのために生活を捧げ続ける「幸せな犠牲者(HAPPY VICTIMS)」という存在の「着倒れ君」たちの部屋。「好き」のパワーに溢れた空間の写真見てると、なんとなくこっちまで元気になったような気がするから不思議。

笑ったのは、食事のときは服が汚れないよう首を伸ばして食べるし、着た服はその日のうちに衿袖を石鹸で手洗い。部屋に生活臭を持ち込むのが嫌いで、食事は全て外食、冷蔵庫には目薬のみ。ゴミ箱もなく、のどが渇けば近所のコンビニにいきその場で立ち飲み、ゴミもコンビニに捨ててくる。トイレは男でもタチション禁止という男性。疲れそう~。。けどそんな生活、本人は幸せなんだろうなー。
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-28 18:19 | 図書係

春が来た

一つ前のエントリーからの続き。
c0191977_1632068.jpg

そんな感じで幸せな酔っ払いとなってた頃、自宅には小松酒造「万齢」春の酒 雄町超辛口特別純米生が届いてた。岡山産の雄町というお米を掛米に使った純米生酒。小松さんによると、今年の雄町はお酒になりやすく、自分でも中々の上出来と思ってるってことなので楽しみ!どうせなら桜の下で飲みたいんで、誰か花見誘ってちょ。
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-27 16:02 | I LOVE 佐賀ん酒

春の満開伝説3.26

c0191977_1537184.jpg
去年の夏から久々に現場監督として働いていた仕事が突如中止、どこよりも纏まりがあると自負してた我がチームも志半ばでの解散となり残念会でしこたま飲んだ後、クアトロへ。

「LITTLE TEMPO presents レジェンド・シリーズ Vol.1」と題されたライブ。今回のレジェンドなゲストは元トマトスの松竹谷清さん。だいぶ遅れての到着だったけど、ちょうど清さんがステージに出てくるとこだった。間に合ってよかったよ。

ただでさえハッピーな気分になれる清さんの歌なのに、リトテンとのジョイントとなるとハッピー指数さらに上昇。クアトロのステージに立つ清さん見るとローランド・アルフォンソ+ミュート・ビートも思い出しちゃうわけで、しかもフロアにそのこだまさんもいるわけで、そりゃ更に飲んじゃうでしょう。ってことでターキーの水割り何杯か飲んだとこで記憶メモリーのスイッチオフ。怖いぐらい何も覚えてません。



c0191977_15381393.jpg


で、今朝方いつもの如くぬるくなった浴槽の中で目が覚めて携帯見たらこんな写メが!シークレット・ゲストはチエコ・ビューティだったんですね!!さぞかしライブ見てた僕は喜んでいたことでしょう。

チエコさん何曲歌ったのかなー。。何歌ったのかなー。。清さんとのデュエットあったのかなー、、こんな贅沢なライブ見ておいて何も記憶がないなんて・・・ものすごくもったいないけど、きっときっと見てるときは最高に幸せだったんだろうから、まーいいか。

More
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-27 15:41 | LIVE

シーズン終了

東京マラソンの公式タイムがまだだけど、今シーズンの結果を記すと、ハーフもフルも走るたびに自己ベスト更新で終えることができた。この年になってもまだ延び代があるってのは嬉しい限り。ただ記録を追えるのは体力的にあと1,2年が限度かなぁ。

秋マラソン
2008-11-09 第28回横浜マラソン 21.0975km 01:37:37
2008-11-30 第28回つくばマラソン 42.195km 03:37:18

春マラソン
2009-01-18 第33回サンスポ千葉マリンマラソン 21.0975km 01:36:23
2009-03-22 第3回東京マラソン 42.195km  03:30:57(参考)


ちょっとリフレッシュして、次のシーズンへの準備も始めていこうかと思ってます。
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-25 18:21 | No Running No Life

走るくじ運

本題とは関係ないけどサムライジャパンおめでとう!
今夜はWBC優勝祝い兼ねて僕の完走&目標達成を家族に祝してもらいました。
平日のむビールは美味いぜ!

さらに嬉しいニュースが!!
c0191977_2337876.jpg

いつもお世話になってるランニング専門店B&D TFR代々木で、東京マラソン当日の朝、出走者限定でゼッケン持参で目標または決意を表明した人に抽選で豪華商品プレゼントという企画があったので参加してきたんですが、なんとなんと男女1名ずつのみの一等賞が当たってました!!!商品は東京マラソンオフィシャルトレーニングウェア上下セット。動体裁断のウィンドブレーカーというすぐれものを頂きました。

倍率7倍強の出走権当たっただけでも嬉しいのに、ゴール後にこんな喜びが待ってるなんて。「僕は持ってますね。神が降りてきました」な気分です。

いや、ホント普段は全くクジ運なんてないのに、ことランニングにかけては、ナイキIDモアレプレゼント、J-WAVE"Tomorrow"ホノルルマラソンペア招待プレゼント、東京マラソン出走確率2/3、そして今回のウェアと人生全ての運使ってるような。

早速明朝からこれ着て、次のシーズンに向けたトレーニング開始します。

B&Dさんありがとう!
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-24 23:50 | No Running No Life

TOKYO2009032242.195

あらためて昨日の東京マラソンを振り返って。

タイムは参考値ですが東京マラソンのサイトの速報値によると3時間30分57秒でした。これを3時間30分切れなかったと思うのかギリギリ3時間30分台でゴール出来たと思うのか複雑なとこですが、今はポジティブに後者と思おうと思ってます。

3時間30分という目標値は、ボストンマラソン参加基準タイム年齢グループ45-49才の3hrs 30minをクリアすることだったんですが、*An additional 59 seconds will be accepted for each age group time standard. For example, a net time of 3:50:59 will be accepted for a 42-year-old woman.と注意書きが出ていて3時間30分57秒でも参加基準タイム満たすことになり、当初の目標もギリギリクリアできてたことに今朝気付いた次第。現実的に行けるかはわかんないけど出ようと思えば来年4月のボストンマラソンに出れることになりました!

東京マラソン速報で5km毎のラップタイムが出てるんだけど
05km 00:27:31
10km 0:24:04
15km 0:23:58
20km 0:23:43
25km 0:24:20
30km 0:24:57
35km 0:25:05
40km 0:25:43
Finish 0:11:36
という結果。
前半30kmまでは、キロ4分50秒(5km 00:24:10)、30km以降キロ5分(5km 00:25:00)で走り3時間半を切る計画を立ててたんで、35kmまではバラツキはあるものの計画通りに走れてたんだけど、ゴールが近づくにつれて雨風が強くなり、特に向かい風の強さが半端なく最後踏ん張りきれなかったよ。。

けど「やりきった感」はあるんで、結果には納得しています。

ただラップばらつき過ぎなんで、ペース感覚身につけるのとより持久力高めるのが次に向けた課題だなー。

10km-20km過ぎの日比谷-品川-日比谷の折り返しコース往路では、復路戻ってくるトップランナー達たちとすれ違うんだけど、尾形、高岡、土佐、弘山、、といった今までテレビでしか見たことないランナーを生で、しかも自分と同じレースで走ってる姿を見たときは「東京マラソン」に参加できて良かったなーとつくづく思ったよ。こんな体験他では出来ないもんね。

ボランティアの人たちには、どれだけ頭を下げても足りないくらいホントによくサポートしていただいたし、沿道の途切れない応援の中走る喜びを味わえたし、参加ランナーのマナーも僕が一緒に走ってた中では皆しっかりしていたし、練習からレース本番そして完走後までも本当に楽しかったレースでした。終わったあとの充実感がこれだけあるレースもなかなかない。

用意したプレイリスト、クラッシュの"I'm Not Down"とパティ・スミスの"Rock'n Roll Nigger"は自画自賛ながらナイスな選曲だった!音楽にパワー貰えた。

書き足りないこと一杯あるけど、長くなりすぎるのでこの辺で。

東京マラソンありがとう!また数年内に当選できますように。



↓でオッチャンの地味なゴールシーンが見れます。ゴールの瞬間は3時間半届かなかったとの思いが強かったのでガッツポーズでのゴール忘れちゃってたよ・・・次回はもっとカッコよくゴールしたいです。
http://www.fujitv.co.jp/sports/marathon/tm2009/goalscene.html?GOALTIME=03:30:57&GATE=b&EVENTCODE=1
[PR]
by runcomeplus | 2009-03-23 09:30 | No Running No Life