RunCome+

<   2009年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

裏鍋島

c0191977_22195887.jpg

週末の夕食はよほどのことが無い限り僕が作らせてもらってて、今夜のメニューはスルメイカの煮付け、もやしの胡麻和え九州スタイリー、オニ花トマトのサラダ、マグロのやまかけ丼、ナスと小松菜と油揚げをごま油で炒めて具にした味噌汁、味噌はモチロン九州の麦味噌。

そして晩酌の酒は地元佐賀県鹿島市富久千代酒造の「鍋島」隠し酒 通称「裏鍋島」。写真が反転してるんじゃなく、ラベルの文字をわざと反転させてる遊び心もあるお酒。鍋島は今年の全国新酒鑑評会でも金賞を受賞している銘酒のひとつ。手作りで少量生産を貫かれている鍋島の中でも、この裏鍋島は極少数しか作られず入手難易度も高いお酒。表記は純米吟醸だがスペックは大吟醸並みの「あらばしり」と「せめ」をブレンドしたお酒。口に含むと芳醇さがぱっと広がるが後に残らないので、何杯でも呑んじゃいそうで怖いっす。今年は1本だけ手に入れたお酒なんで、大事に大事に頂きます。

鍋島含め、ここで紹介してきた矢野酒造、馬場酒造、小松酒造も揃ってめでたく入賞。おめでとうございます。贔屓の蔵が認められてなんだか自分のことのように嬉しいもんです。
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-31 22:19 | I LOVE 佐賀ん酒

恋と股間

c0191977_21253858.jpg
恋と股間 杉作J太郎

中高生向けの新書シリーズ「よりみちパン!セ」の一冊。杉作J太郎による熱い恋愛指南術。あまりにも現実の色恋に無縁な息子たちにと思い、まずは自分で読んでみた次第。

「本当に彼女をつくるための、はじめの第一歩」から「「童貞」とはいつ捨てるべきものか」「告白したら友達でいましょうといわれたら」そして「彼女の浮気を知ってしまったとき」男が、いや漢が進むべき道を熱く語られメチャ面白いんだけど、父親が息子に勧める本としてはどうかなーw「ストーカーにならないための心得とは?」なんて章もあるんだもんなー。

しかし、語り口は過激ながら語られてることは限りなき真実にちかいんじゃなかと。恋愛において何より大事なのは「自分の気持ちを正直に表わすこと」、恋愛は「本当に好きな人」としないと意味が無い、など心の赤ペン引きっぱなし。

つーか、杉作流恋愛論に「そうかそういうことなのか」と関心したり納得したりしてる自分がどうかとw

まずは、さりげなく息子たちの目に付くとこに置いといてみることにします。

続きは男子限定で

More
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-31 21:40 | 図書係

5月のJog(サヨナRun Run Ran!)

5月は入梅前の走りこみ強化月間として300kmを目標にしてたものの、終盤の一足早く入梅したかのような天気で走らなかった日が増え目標届かず先月と同じくらいの距離で終わってしまいました。せめて年に2ヶ月は300超える月作りたいんだけどなー。好きなものを好きなように食べてたら体重も1kg増加。。意気込みと実態が伴わない月でした。

来月はいよいよ入梅。距離の目標は特に設けず、雨が降ってない日は全日走ることを目標にし、走らない日は補強運動やストレッチで身体作りをしたいと思っております。目指せ夏の男!

【月間記録】
走った日 19日
走行距離 268.7km
体重終値 69.0kg (+1.0kg)


c0191977_13495015.jpg

ナイキランニングサイトが新しく生まれ変わります!だそうで、それに伴い「Run Run Ran!」のサービスが6月9日で終了だそう。。。愛着がわいてた僕のアバター君とも後10日弱でお別れ、、寂しいなー。

c0191977_1353193.jpg

君と一緒に走った日々を決して忘れないよ!

先日の日記でルナ・トレイナー買いにいったけど在庫切れで買えなかったってこと書いたんですが、クリール編集長のブログによるとナイキ ルナグライド+という新しいシューズが出るそう。先日の売り切れはきっと新しいシューズ買うのはしばし待てということだったんでしょうな。次の練習用のシューズはルナって決めてたし、ブログによると期待できそうなので、発売されれば代々木公園のランクラで試し履きしてから購入検討しようと思います。
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-31 14:02 | No Running No Life

たましいの場所

c0191977_16505030.jpg
たましいの場所 早川義夫

22年の本屋家業のあと、再び歌いだした早川さんのエッセイ集。

歌に対する想いや、家族ペットのことなど飾らず、時に馬鹿がつくほど正直に綴られている。特に恋愛や女性に関することは、ここまで書いていいの?とこっちが戸惑うほど。ある時期から家庭にセックスを持ち込まなくなったとか、川崎の風俗にはまり、お気に入りの女の子にプレゼントする下着を奥さんに買ってもらったとか。。世間はそんなもんなの??

けど、赤色のワンピースのラスト「だから、いまだに、僕は、恋をしたくなるのである。」ってのは分かるなー。そうなんだよ、いまだに恋がしたくなるんだよ、オジサンは。

「歌は歌のないところから聴こえてくる」素敵な言葉だ。
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-30 16:52 | 図書係

サマソニ・デビュー

c0191977_1051696.jpg

ジャリー・ダマーズの不参加に、ちょっとした迷いもあったけど、やっぱスペシャルズ、見つめる前に飛んでみようじゃないかとチケット購入。88ロックデイの日、ハッパーズの日、8月8日サマソニ2日目に行きます!

10年目にして初サマソニ、夏フェスも豊洲のジャパスプ以来?ちょっとワクワクしてきた。

携帯品含めて、アドバイスなどあればよろしく&当日かまってくれる人大募集なのです。
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-30 11:05 | 音楽部

網走番外地

2009-44,45

c0191977_1701186.jpg
健さん特集@新文芸座のオープニングプログラム、健さんの代表作であり石井輝男監督の代表作でもある網走番外地シリーズから2本。どちらも久々のスクリーンでの再見。

シリーズ第1作「網走番外地」(1965)。
「網走番外地」というタイトル名の知名度に比べ、実際見たことがある人、またはストリー含め内容知ってる人って意外に少ないんじゃないでしょか?って実は僕も学生時代は知った気になっててちゃんと見てなかったんだけど。一般的に思われてるヤクザ映画ではなく、まるで洋画のようなサスペンス映画なんですよ、実は。んで、一度は見ておかないと勿体ない映画のひとつ。

網走刑務所の中での群集劇的前半、反目しあう男二人手錠に繋がれたまま脱獄し、雪の中の逃走を続ける後半、どちらも健さん迫真の演技、脇を固める役者力、シャープな演出と全く飽きさせない娯楽作品。

原作は、傷害事件を起こし網走刑務所入りした男と出所を待ち続ける女の物語だが、石井輝男はタイトルだけを頂き、全く別の物語にしてしまった。ヒロインとのロマンスも、派手な殺陣もないシナリオを見て東映は予算を削減、当初予定のカラーではなく白黒で鶴田浩二主演映画の併映作という二軍扱いとなったが、ふたを開けると大ヒット、石井輝男の手により3年間に9作!更に新・網走番外地として8本、計17本の映画が作られる人気作となった次第。

その1作目は監督や健さんの意に反した白黒作品となったんだが、結果的にはよかったんじゃないかなー、と改めて見て思ったよ。特に後半雪の中の逃走劇は。

シリーズ第3作「網走番外地 望郷篇」(1965)
3作目でありながら公開年が1作目と同じということからも当時の人気が伺えますね。(公開時は僕は4才で、さすがにリアルタイムでは見てない)

網走番外地といいながら、舞台は長崎。生まれ故郷に舞い戻った主人公、昔気質の親分と新興の非道な一味との対立、親分のいいつけを守り耐えに耐えた主人公が最後に長ドス一本もち網走に行くのは俺一人でいい、と独り敵陣に乗り込み・・という仁侠映画の典型的ともいえる物語だが、そこは石井輝男、黒人との混血少女孤児、結核で口笛の殺し屋(杉浦直樹!)など一筋縄でいかない脇役も。特にラストの杉浦直樹との対決シーンは何度見ても痺れる。

チンピラ役の石橋蓮司(役名ピン公)がまたいい味。

フィルムの状態が悪く、セリフが途切れ途切れになったりなどの難点もあったけど、文芸座のおっきなスクリーンで、健さん見てるだけでなんともいえぬ幸せを感じたひと時でござんした。

昔は「義理」や「任侠」のヤクザ映画なんてハードボイルドじゃない!と勝手な偏見でちゃんと見てなかったりしてたんだけど(若気の・・)、見る機会あればスクリーンで見続けていきたい映画だなー。

僕は都合つかず行けないけど、新文芸座の特集、この後も石井輝男+高倉健コンビの名作が控えております。

6/01(月)は、どいつもこいつも抜け駆けを狙う個性派ぞろいのモダンなギャング映画「花と嵐とギャング」、義理と人情に生きるヤクザ者の戦争映画「いれずみ突撃隊」の二本立て。

そして3日(水)は、香港ノアールにも多大な影響を与えたギャング映画の傑作「東京ギャング対香港ギャング」「ならず者」の2本立て。2本とも僕は中古ビデオでも持ってるし、特に「ならず者」は心の映画ベスト10入りするくらい大好きなハードボイルドの傑作。多分フィルムコマ落ちだらけで見辛いかと思うけど、それを補う魅力があるんで是非!
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-29 17:06 | 映画部

NIKE FREE デビュー

c0191977_13253037.jpg

前々から気になる木だったNIKE FREE。我が家の補正予算折衝がなんとか通過しwようやく昨日買って来ました。

一般的なジョギングシューズがクッション性や安定性で足を保護するものに対し、自在に屈曲するソールを使いハダシ感覚の走りを実現し、普段使わない筋肉やバランス力を強化させるシューズ。

なので、日常的なジョギング用ではなく第2、第3のシューズとなるんで、なかなか今まで買えずにきたんですよねー。小遣い制のオトウサンは辛いぜ。

で、そのNIKE FREE、裸足に近い順に3.0,5.0,Everydayの3種類があるんですが、初めてのFREEなのでベーシックモデルの5.0を購入いたしました。

早速今朝はFREEを履いていつもの10kmジョギングへ。履き心地はなかなか快適。走り出した瞬間はそんなに違いは感じなかったけど、走ってるとやっぱ着地から蹴りだしの感覚が違いますねー。そのうち左膝に軽い痛みを感じたり、腿の内側に張りがでたりと強さの足りないアチコチを教えてくれる。。そんな感じでオッかなビックリの10km。もう暫く経ってからの筋肉痛が楽しみ。

暫く週に1日ジョギングに、それと休日の普段履きにFREEを使って豹変した走りを目指してみたいと思ってます。

普段のジョギング用に履いてるストラクチャーが限界近く履きこんでいるんで、ルナ・トレイナーも欲しかったんだけど在庫切れでこちらは買えませんでした。

けどどうせおニューのシューズに履き替えるなら梅雨明けてからがいいかなー、それまでなんとかストラクチャー君に頑張ってもらおうかと。


c0191977_13274028.jpg

長年愛用してたサンダルが去年の夏寿命を向かえたんで、ハイテク・サンダルNIKE AIR REJUVEN8 MULEも買ってきたんですがオレンジとイエローのグラデーションがウルトラセブンのメトロン星人みたいで気に入ってます。
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-27 13:30 | No Running No Life

転送量上限オーバーしちゃいました

ご愛顧いただいているPunky Reggae PodCast "Run Come Dance"ですが、月間転送量の上限を超えちゃったみたいで、6月5日くらいまで聴けない状態になってしまいました。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

今後は、なるべくダウンロードしてもらいローカル環境でお楽しみいただけるようお願いします。
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-27 10:30 | 音楽部

カレンダー

6月にかけて気になるイベントや映画やらライブやら
2009 ビールデン・ウィーク
 2009年5月25日(月)- 5月31日(日)
 六本木ヒルズで開催のビール会社5社による生ビールイベント
 生ビール一律500円、ソフトドリンク100円 試飲、ライブイベントあり
 30日土曜日の午後は、サルサバンドのライブもあるみたいなんで絶好の昼ビールと思ってたけど、天気が悪そう・・それでもいっとく?
 http://www.beerden-week.com/

東京都写真美術館「プレス・カメラマン・ストーリー」
 2009年5月16日(土)- 7月5日(日)
 1930年~70年代前半、朝日新聞のプレスカメラマン達による報道素材と作品性の双方を兼ね備えた写真展らしいです。面白そう。
 http://www.syabi.com/details/press.html

SRサイタマノラッパー リバイバル上映@ユーロスペース
 2009年6月20日(土)- 6月26日(金)
 激オススメの映画が1週間限定の東京凱旋。連日トークショウも組まれてるんで、今回こそお見逃しなきよう。
 6/20(土)三留まゆみ(ライター/イラストレーター)
 6/21(日)森直人(映画評論家)
 6/22(月)宇多丸(Rhymester/ラッパー)×サイタマノラッパー
 6/23(火)渡辺ペコ(漫画家)
 6/24(水)切通理作(文化批評)
 6/25(木)久住昌之(漫画家)×上鈴木兄弟(a.k.a TKD とその保護者)
 6/26(金) スタッフ&キャスト全員集合で御礼挨拶  
 http://sr-movie.com/
 ※6/6(土)~6/12(金)は仙台チネ・ラヴィータで上映ですYo!師匠

映画は、高倉健特集@文芸座、神代辰巳特集@シネマヴェーラ、爆音映画祭@吉祥寺バウス・・と今月も盛りだくさん
05/28(木) ----- 『網走番外地 望郷篇』『網走番外地』@文芸座
05/30(土) 12:20 『地獄の黙示録・完全版』@バウスシアター
05/31(日) 13:35 『狂い咲きサンダーロード』@バウスシアター
06/01(月) 19:00 『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』@バウスシアター
06/03(水) ----- 『東京ギャング対香港ギャング』『ならず者』@文芸座
06/05(金) 18:55 『狂い咲きサンダーロード』@バウスシアター
06/13(土) ----- 『かぶりつき人生』『恋人たちは濡れた』@シネマヴェーラ
06/13(土) ----- 『バングラディッシュ・フェスティバル』@代々木公園
06/14(日) ----- 『バングラディッシュ・フェスティバル』@代々木公園
06/18(木) 19:00 『東京うたの日コンサート』こだま和文 from DUB STATION(W/DJ YABBY)@渋谷クアトロ
06/20(土) ----- 『宵待草』『赫い髪の女』@シネマヴェーラ
06/20(土) ----- r.u.d.e@UMEちゃんバー
06/22(月) 19:30 『 松江哲明のあなたと飲みたい 第10回「あんにょん由美香」公開記念イベント』@阿佐ヶ谷ロフト
06/26(金) 19:00 『TETSUNIQUES ☆マーレーズ☆ インストア』@新宿タワーレコード
06/28(日) 19:00 『 bayside camp vol.19』Likkle Mai Band@月見ル君想フ(青山)
06/29(月) ----- 『濡れた欲情 特出し21人』『少女娼婦 けものみち』@シネマヴェーラ

[PR]
by runcomeplus | 2009-05-26 17:40 | 日常

週末日記

essenceスタイリーで

金曜日:
必殺仕事人2009がオモシロイ!。開始時から今回の必殺は結構買ってたんだが、回を重ねるごとに益々面白くなってる。今夜のも色々アラはあるんだが主水が年老いていく上での悲哀に貰い泣き。加賀まり子がごみ屋敷に住む謎の老婆役なんてやる時代になっちゃったんだなー・・


土曜日:
6時起床。この週末天気が下り坂らしいので、走れるうちに走っておこうと皇居コースLSD。キロ6分半程度のスピードで25km。皇居周回中、東京電力の選手が後ろから追い越していくとき、谷口浩美監督がわざわざ「おはようございます」と挨拶をして追い越していってくれて感動。平日朝代々木公園では、東京電力の選手とは回り方が逆なので、すれ違いざま簡単な朝の挨拶は交わしてるんだけど、後姿で僕を認識してくれてちゃんと挨拶してくれるとは。。

午後は、r.u.d.e.に持っていったレコバックから選んでミックス作成。

アップ後、図書館へ予約図書の受け取りに。今回なんと4冊同時に順番廻ってきちゃった。。果たして2週間で読破できるのか。

帰りにスーパーと肉屋で夕食の買い物。この週末はカミさんが一泊二日の職場の旅行に出かけてるんで息子達と3人だけでの夕食。

今夜のメニューは、いわしを手開きしオリーブオイルで焼いたもの、じゃこ天と水菜の炒め煮、ハムとレタスとトマトのサラダ、豆腐とアオサの和風スープの4点を作り、明日の夕食用のカレーの仕込みも。チキンとトマトをたっぷり煮込んだカレー。

陽炎の辻3」を見ながら晩酌。竹内力は演技というより顔芸。。久々に笛木優子をじっくり見れて満足。中越典子は時代劇のレギュラー2本掛け持ちで大変そうだなー。

「鬼のいぬ間」なんて言いませんよ、けどせっかくのフリーなんだもん、そりゃ出かけちゃうでしょう。ってことで渋谷へ。

まずはUMEちゃんバー。r.u.d.e以外の週末ってはじめてかも?客多い!しかも若い!なんでも某レコ社入社2年生の親睦イベントだとか。ってことは、あの娘ともこの娘ともダブルスコアってことじゃないですか。。

けど、そんな娘さんとムフフな出会いなどあるわけもなくUMEちゃん、田所麺とだけ世間話して次の店へ。

超久々にミリバールにいくも、丁度すれ違いでせ~のさん帰宅した後でした、、ブラック・ウフール聞きながらエビスの生2杯いだだき次の店へ。

ビートカフェ、カウンター1席を除き満員状態。腰をおろして気付けば僕以外の客全員外人!!「こいつらみんなあつかましかー」とキレ気味の接客見ながら旅行気分味わうもさすがに居場所なくビール1本でおいとま。また今度ゆっくり。

再びUMEちゃんとこに戻る元気もなく、そのまま帰宅。途中歩きながらホンキで寝ちゃってたようで、ガードレールに激突し目が覚める。。危ねー。


日曜日:
雨で走りはお休み。

浅草の世界館にいまおか監督「獣の交わり 天使とやる」見に行こうかとも思ってたんだけど、雨の中ピンク映画3本立て見に行く気分にもなれず、昨日借りてきた本をパラパラと。

早川義夫「たましいの場所」読みながら、なんとなく森田童子聴きはじめたのがよくなかった。。すっかりはまってしまった。

コレではいかんと、昼食後銀座へ河村要助さんの個展へ。

帰宅後、再度読書。今度はノーザンソウル聴きながら「たましいの場所」読了。感想はまた別途。うーん、、本題と関係ないとこでいろいろ考えちゃうなー。

夕方からはカレーの仕上げ。ナスとアスパラとパプリカを炒めて加え、とろ火で煮込んで完成。

カミさんの土産話というか軽い愚痴聞きながら夕食。カレーは大好評。

Yahooで交流戦の結果気にしつつ、2冊目の本、杉作J太郎「恋と股間」読んでるうちに眠くなり就寝。

More
[PR]
by runcomeplus | 2009-05-25 19:35 | 日常