RunCome+

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

銀幕で野良猫ロックを

最近は中々映画もいけないでいるんですが、シネパトスでまたまた魅力的なプログラムが。

COOL&WILD 反逆のヒロイン梶芽衣子特集

7/03(金)~05(日)「野良猫ロック」
7/06(月)~09(木)「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」
7/10(金)~12(日)「野良猫ロック セックス・ハンター」
7/13(月)~16(木)「野良猫ロック マシン・アニマル」
7/17(金)~19(日)「野良猫ロック 暴走集団'71」
7/20(月)~23(木)「女囚701号 さそり」
7/24(金)~26(日)「女囚さそり 第41雑居房」
7/27(月)~30(木)「女囚さそり けもの部屋」
7/31(金)~8/02(日)「女囚さそり 701号怨み節」
8/03(月)~06(木)「修羅雪姫」
8/07(金)~09(日)「修羅雪姫 怨み恋歌」

連日21:00より1回上映。

先日亡くなられた長谷部安春監督の代表作でもある「野良猫ロック」「野良猫ロック セックス・ハンター」がスクリーンで見れるってことで楽しみであります。特にセックス・ハンターは大和屋竺の脚本も秀逸で大好きな映画のひとつ。オススメですYo!

野良猫ロックと女囚さそり。楽しみな7月だなー。
[PR]
by runcomeplus | 2009-06-28 11:48 | 映画部

善福寺LSD

昨日のランは、都庁前副都心から方南町に出て善福寺川沿いのコースを走る往復20km強のコースを150分、キロ7分ペースでのLSDへ。実は今までLSDが苦手で、ずっと遅いペースのままで長時間走り続けるってのがなかなか出来なかったんだけど、この日は最後までペースをあげることなく続けられて成功だった。

今月号のクリールで浅井えり子さんがLSDの基本を解説してるけど、その中でペースについて「不快に思うくらいゆっくり」と答えていて、これが普段のジョグより何分くらい遅くとかじゃなく感覚的な答え方だったから、分かりやすかった。何分ペースというのを意識せず「不快になるくらい」のペースを意識して走り続けた結果がキロ7分だったという感じ。

何かコツがつかめた感じがするんで、来週末も天気持てば「より不快に思う」ペースで走ってみようかなと思っております。

そして今朝は久々にケージを履いてキロ5分ペースで15kmの距離走を。これもしんどかったけど、汗いっぱいかいて、(体内の)悪いもの掃きだした爽快感があります。湿度がもう少し下がればより快適なんだろうけどなー。
[PR]
by runcomeplus | 2009-06-28 11:39 | No Running No Life

Moro Moro

新しい現場での仕事が始まったり、始まったはいいがいつもの如く難問山積みだったり、なんだかんだで間があいちゃいました。

新しい現場が両国、お隣浅草橋には盟友Jerry Fish君が働いてるってことで、立ち上げの合間をぬって久々に呑み。まずはJFオススメのリアル昭和な居酒屋に行くが早い時間に関わらず満席。で、サッポロ生が1杯100円というプライスレスな居酒屋で四方山話しながら腹ごしらえ。んで、今回のメイン、やはりJFオススメのワインバーbeviへ。リーズナブルに美味しいワインが楽しめ、料理も美味いし、店員もナイス。そりゃ呑みすぎるってもんですよ。こりゃいい店教えてもらった。。ってことで、アフター5の楽しみも出来たんで、がんばろうっと。

昨日は次男中学最後の運動会へ。同級生の女子の間で、イケテルおとうさんと評判だったそうで、心の中でガッツポーズw

二日酔いや運動会でせっかく雨が降らなかった2日間走らなかったんで、今朝は少し早起きし、甲州街道→環七→246で駒沢公園に。まだ8時になったばっかくらいなのにランナー多い!しかも僕のホームの代々木公園と違いオシャレなウェアを着た若い子が多い!ってのがあるんで月に一度は駒沢遠征欠かせません!帰りは246→明治通りでトータル25kmほど。

てな感じで週末もおしまい。またまた明日から仕事頑張りますぞ!
[PR]
by runcomeplus | 2009-06-14 22:18 | 日常

今年2度目の狂い咲き

c0191977_1149302.jpg

いやー、嬉しいなー、、年に2回もスクリーンで大大大好きな「狂い咲きサンダーロード」見れるなんて。しかも、今度は爆音映画祭で!

ってことで、1月のシネパトス・ジャパニーズ・グラインドハウス特集に次いで見てまいりました。

この映画に関しては爆音が適音。もう何度も何度も見てきてますが、冒頭の魔墓呂死特攻隊の暴走音に被さる泉谷しげる「電光石火に銀の靴」が重低音もバッチシのバウスシアターのPAで大音量で流れるだけで心は一気に30年前ハイティーンの頃にひとっ飛び。仁さん、カッコエー・・と映画が終わった後も泉谷の「翼無き野郎ども」がなり続ける最後まで堪能。なんで見るたびに面白いんだこの映画は。

前回シネパトスはまるで男子夜間校かといったような客層でしたが、昨夜は客も100人越えてたし女子率もそこそこあった。あのときの客層は映画の特性というよりシネパトスという劇場の特性だったのか。

そんで制服姿で来ていた女子高生二人組みが、映画が終わった後興奮気味に語り合いながらサンロード歩いていってたのが微笑ましかった。また爆音で見たいよねー。

モロモロあって見れなかったストーンズのシャイン・ア・ライトも前回のバウス公開時より音量アップでの上映だっただろうから見たかったなー、、とあらためて。

映画の後は、松江監督ブログで気になってたハモニカ横丁のガネーシャに。スペシャルがグリーンカレーで、かなりそっちも気になったけど、まずは定番のチキンカレーを。もうなんといったらいいのか、しみじみとした激美味さ。一口ごとに「美味しいなー」と口にして言いたくなるような。またこのチキンカレー食べたい。。けど、他のカレーもメチャ気になる。職場の近くにここがあったら毎日昼はカレー食べてるかも。次またグリーンカレーの時にもめぐり合えますように。

More
[PR]
by runcomeplus | 2009-06-06 11:50 | 映画部

Too Much Too Young

c0191977_22385162.jpg
1980年、29年前のミュージック・マガジン。特集は初来日を果たしたスペシャルズ。表紙は河村要助さん、インタビューは山名組長、写真が昇さん。スペシャルズのインタビューといいながらほとんどはリコのインタビューになってるのはご愛嬌ってんじゃなく確信犯なんだろな。スカリバイバルを受け前年79年にアイランドから出たオーセンティック・スカのオムニバス「Intensifield!」収録曲でリコが参加してるのはどれとどれ?なんてマニアックなインタビューが全国の書店にならぶ雑誌の巻頭記事だったんだから。

1980年って僕は九州の片田舎の貧乏学生時代なので、このときのライブはとても見たかったけど見れなかった。だからジェリー・ダマーズ抜きってことに拘りたい部分はあるけど、見れるのなら今回ちゃんと見ておきたいと思ったんだ。


c0191977_092358.jpg

このときのミュージック・マガジン、さらにスペシャルズに続くのがスロッビング・グリッスルのインタビュー!筑紫哲也さんのマイアミ黒人暴動に関する記事、平岡正明の光州事件直後戒厳令下のソウル歌謡祭レポート、藤田正さんのペッカージャマイカ録音インタビューなどなど、どの記事も今読み直してもメチャ面白い。伝えたいサムシングにあふれている。こんな雑誌なら今でもちゃんと金出して読みますよ。もう一度原点に戻れば雑誌にはまだまだ使命も可能性もあるんじゃないかなーと思ってみたり。
[PR]
by runcomeplus | 2009-06-04 00:19 | 音楽部

Nike LunarGlide+

c0191977_1446977.jpg

クリール編集長のブログを読んで以来、とっても気になる木のナイキ ルナグライド+ですが、NIKE+公式ブログで全カラー発表されていました。男性用は黒ベース、白ベース、青ベースの3色。青はあわせるウェアが限定されちゃうし、白はあまりにシンプルすぎる。かと言って黒ってのもなー・・とデザイン的に物足りなさ感じ気味だったんですが、↓の動画見て、走ってるときのオレンジのソールのインパクトにデザイン的にも好感度急上昇。黒にオレンジってどっかの球団のチームカラーみたい(でヤだ)・・って考えを頭の中から追い出すことにしますw。いやー、カッコイイなー・・7月の発売が待ち遠しいっす。


レディースのパープルは人気でそうですね。

NIKEのCM動画といえば29manも紹介してた↓もオモロイ!早速僕も明日朝いつもの代々木公園でスーパーナチュラルなランニングをw


More
[PR]
by runcomeplus | 2009-06-02 15:03 | No Running No Life