RunCome+

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

源にふれろ

c0191977_10313393.jpg
連休を利用して久々に小説を読んでました。根が単純で物語の世界に深く入り込んじゃうんで、仕事が休みのときじゃないと中々小説読めないんだよね。

読んでたのは東良さんがブログで紹介していたケム・ナン「源にふれろ」。

1984年に出版され1986年に翻訳本が出ていて、その後文庫化もされているんですが、残念ながら現在絶版中の本。こんなとき公立の図書館ってホント便利。

80年中期というと、「レス・ザン・ゼロ」や「ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」が話題になり、どちらも僕も読んでたけどホントに読むべきはコレだった!青春時代に出会いたかったよ。

幼少の頃母親に連れられてきた砂漠の町から一歩も出たことのない気弱でパっとしない青年が、ある若者の訪問を機に消息を絶った姉を探しにカリフォルニアのハンティントン・ビーチへ向かう。若者によると、姉は三人の男たちとハンティントン・ビーチからメキシコに旅行に行き、帰ってきたのは男たちだけだったという。その三人の男は地元のカリスマ的サーファーらしい。彼らに近づくために初めての海で見よう見まねのサーフィンを始めた少年は、街のもう一人の顔役と出会う。街に蔑まれ踏みにじられていた田舎モノの少年が、恋と友情を知りひと夏を通し成長していくと書くとありがちな青春小説のようだけど全然違う。少年は成長の過程でドラッグも覚えセックスにも溺れる。理不尽な暴力も目の当たりにする。そして知らぬ間にカルトに巻き込まれていき・・。読後のほろ苦さも含め良質のハードボイルド小説でもあるという不思議な魅力のある本です。

この本のおかげで、全然夏らしくなかった今年の夏だけど、夏の終わりの切なさだけは満喫できた。これからも折々に読み続けたい小説に出会えてよかったよ。

いつかハワイかロスのビーチで波の音を聴きながら読むことが出来たらな。
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-25 10:32 | 図書係

MOND CINEMAVERIQUE JAPAN #2

2009-55,56

シルバーウィーク中日とあって、都内はそんなに混んでないかなと思っていたら渋谷は普段の週末以上の人出、ま、みんながみんな旅行に行くわけじゃないしね。

と、人ごみを掻き分け円山町へ。

しかしシルバーウィーク最中にわざわざエログロ映画を昼間っから見る酔狂は少なかったようで、シネマヴェーラはガラガラ、平日以外でこんなに空いてるの久々かも。

「女獣」監督:曲谷守平(1960)
c0191977_1681196.jpg
まずは新東宝のエロチックアクション映画「女獣」。大した期待なく60年の新宿ロケ目当てで見たんだけど、意外と楽しめた。現金輸送車襲撃事件の捜査のため新宿裏社会に潜入操作する婦警と麻薬捜査官、汚職の罪を着せられ命を落とした父の仇を討つためにヤクザの情婦となりチャンスを待つ女、3人の思惑が1点に結ばれ・・というサスペンスもので婦警役の松浦浪路(写真左)の凛とした美しさ、情婦役小畑絹子(写真右)のエキゾチックな美しさ、昔の女優さんてホント綺麗なんだよなー。それに目当てだった1960年の新宿の街並みのバイタリティある素晴らしさ。いやー見れて良かった。



「やくざ刑罰史・私刑 (リンチ)!」監督:石井輝男(1969)
「江戸、明治大正、現代のヤクザの拷問をオムニバス形式で描く。それぞれの時代のヤクザの掟とそれを破ったものに与えられる拷問は一つ一つが見応えアリ!往年の剣劇スター大友柳太朗までもが自ら目玉をえぐり取る。石井輝男が描く乾いた残酷シーンは圧巻。出血の嵐にのまれよう!」との宣伝文、映画冒頭繰り広げられるリンチシーンの数々に相当にグロイ映画を覚悟するも、実は意外にオーソドックな時代劇、仁侠映画、ギャング映画の3本立てのような作品。期待はずれのような得したようななんとも人を喰った映画であることは確か。しかし、身動きできないよう竹やぶに縛りつけ、よってたかったて小便をかけ一晩放置しやぶ蚊に刺されまくるリンチって・・よくこんなバカなこと考えちゃんとセット作って映画にするよなーw。


[PR]
by runcomeplus | 2009-09-23 16:10 | 映画部

LAST NIGHT A DJ SAVED MY LIFE

どす黒い音楽を大音量で浴びたい気分のときに、仙台のbop-gun師匠が上京しDJをやるってことで、久々に夜の街へお出かけ。

終電前にも師匠DJやってたんだけど、タイムテーブル見落としてて、遅い時間に出かけたらmatsuやんとすれ違いだった模様。

着いたときはRZOくんDJing。ハービー・ハンコックの"Rock It"がクラブでかかるの久々に聴いたよ。ベタな曲にはベタな曲なりの良さがあるんだよなー。

会場のENJOY!HOUSEがまた不思議な感じの店で、いかがわしい場末感が気分。クラブってわけじゃないので期待してた大音量ではないけど、充分満足できる音量だし、あの店はいいかも。

んで、師匠のDJ、ぶれない男の選曲は説得力あるなー。ソウル愛、ファンク愛をダイレクト注入され大満足できましたよ。最後までいたかったけど眠気も限界だったので途中でおいとま。次は早い時間でフルセット楽しみにいくんで、またやってください!


◎TOKYO NO.1 GO-GO FREAKMEETING
FUNK YOU VERY VERY MUCH
featuring Hott-Lab

東京・恵比寿 ENJOY!HOUSE
(恵比寿駅西口徒歩5分 TEL:03-5489-1591)
http://dub.cdx.jp/gogo/enjoy.html
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-22 00:47 | 音楽部

秋の酒

c0191977_21233346.jpg
日本酒の魅力は四季折々の楽しみが出来ること。春には、出来立ての新酒「あらばしり」を。夏には生酒を冷酒で。そして秋には「ひやおろし」。

日本酒は通常夏を迎える前に1度、そして夏を越して出荷時に1度と2度の火入れをするそうだが、夏を越し秋を迎えた酒を2度目の火入れをせずそのまま生詰したお酒が「ひやおろし」(1度目の火入れ後ひやした酒をそのままおろすから付けられた名称)。

贔屓にしてる小松酒造と富久千代酒造それぞれから秋の酒が出たんで、早速購入。

小松酒造は雄町という酒用の米を使った「万齢」秋の酒、特別純米超辛口生詰(限定酒)。去年は出荷と同時に売り切れになったという人気酒、今年も無事入手できました。

富久千代酒造のひやおろしは、今年は装いも新たに「鍋島 HARVEST MOON」という銘柄に。こちらは佐賀県産の山田錦を使った純米辛口。

どちらも秋に呑む究極の食中酒を目指したお酒、秋に呑む食中酒とは、脂がのった秋刀魚やキノコ料理にぴったりあう酒ってことですYo!



c0191977_21241771.jpg

ってことで早速今夜は、秋刀魚を焼いて、カブとキノコたっぷりの和風スープ、トマトサラダ、皮も一緒に粗めにおろした大根おろしを作り「万齢」秋の酒を開封。

まずは切れ味爽快な冷やで頂き、続いて蔵主兼杜氏の小松さんオススメのぬる燗で。わざわざメールに「「秋の酒」は夏を越ししっかり熟成して旨味のある辛口酒に仕上がっております。温めのお燗でも美味しいと思います。」「先日10名程度で試飲会をしましたが、今年の分も大好評で特に燗上がりするとの意見が多かったです。 是非お燗もお試し下さいませ。」と勧めてくれたように温めの燗にすると旨味と辛口のバランスが絶妙になり秋刀魚と酒を交互に口に運ぶ無間天国にw。こりゃ旨いわ!この季節、秋刀魚を美味しい日本酒抜きで食べてる人が不憫に思えるほど最強の組み合わせ。次はキノコを胡麻油で軽く炒めたものとあわせてみよう。いやしかし幸せなり秋の宵。
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-21 21:25 | I LOVE 佐賀ん酒

チンチンピンピン@ワイワイ祭り

ビンビンじゃなくピンピンでしたw

[PR]
by runcomeplus | 2009-09-14 22:56 | 今こそレゲエを聴こうの会

ワイワイ祭り

c0191977_23393493.jpg

今年2回目のリトテン夏祭り、ワイワイ祭り。去年は大雨の中の野音だったけど、今年は快晴。ランキンさん+リトテンのチンチンビンビンでスタートw。

会場では、いつもの人や久々の人とどもどもと言いながらビールをぐびぐび。すっかり酔っ払いながら夏の最後のお祭りを楽しませていただきました。こだまさん、まさかのFUNKA DUBには大感涙。

c0191977_2343271.jpg

んで、シークレットゲストはUAでした。生UAのライブは5年ぶりかも。イッチー、春野、こだまさんというホーンセッションでのRINGOに鳥肌立ちまくり。ケンジャーさんとのセッションも良かった。

そんで最後はマイちゃん&ヨッチャンに浴衣ガールズがステージ占拠しての東京音頭w。コレを縁起もんにしてスワローズもAクラス復帰をしてほしいと思いながら、僕も大声で唄い踊りましたよ!傘もっていけばよかった。

んな感じで祭りも終了。来年が早くも楽しみ。ワイワイ!
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-13 23:49 | 今こそレゲエを聴こうの会

GET BACK TO MONO

c0191977_1471461.jpg

買う前までは、自分のノスタルジーのために4万払うのか、、と散々悩み迷ってたビートルズのMONO BOXですが、これが買って大正解だった!

モノならではの音圧とモノとは思えない空間性!今回の(モノの)リマスターでようやくビートルズがノスタルジーではなくなった。今でも充分グっとくるし血が騒ぐ。

特にRubber Soul,Revolverの中期2枚とSgt..はモノで聴くと全然別物!ホワイトもモノで聴くと最高のロックアルバムってことが良くわかる。

初期のアルバムもそうだけど、レゲエ耳にはモノの方がビートルズのヒップさがダイレクトに伝わるんだよなー。購入以来日々興奮気味に聴いております。これをデカイサウンドシステムで聴いたら気持ち良いだろうなー。

ってことで、国内盤4万弱となかなか足元見たお値段ではありますが、既に品薄状態みたいなので、買える内にマストバイなアイテムですぞ。
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-13 14:07 | 音楽部

ブラジル・フェスティバル

c0191977_21133457.jpg

東京地方は晴天&暑さもほどほどと天気に恵まれた週末。これでお出かけしなきゃウソってなもんで、6日(日)は夕方からカミさんとブラジル・フェスティバル@代々木公園へ。

1回目は明治公園で開催だったブラジル・フェスティバル、2回目から代々木公園に場所を代え今年で4年目。代々木公園でのフェスティバルといえばタイ・フェスティバルやワンラブジャマイカなどが有名でどちらも僕も毎年通ってるけど、これらのフェスティバルとブラジル・フェスティバルの大きな違いは前者が日本人向けの親交を目的としているのに対し、ブラジル・フェスティバルは日本在住の(日系含む)ブラジル人の交流が主眼に置かれていること。

身体中に刺青を入れたお兄さんや露出度の高いお姐さんも多くゲットー度も満点。メインの野外ステージもポルトガル語のMCだけで翻訳なんて全くなし。日本人は見事に置いてきぼり状態。

メインのライブまで出店を見てまわってると、一軒の店先で突然サンバのセッションが開始。ギターにパーカッションで紡がれるグルーヴ。集まってきた人たちの大合唱(もちろんポルトガル語)。みんなホントに楽しそうに歌い踊る光景に写真を撮るのも忘れて見入ってしまった。観光客向けにショーアップされたサンバでもホールで演奏されるサンバでもなくRAWなサンバ。大衆音楽としてのサンバの魅力を体感実感できたひと時、幸せでした。

c0191977_2113187.jpg

んで、野外ステージにはブラジルテレビ局の人気キャスター登場。大盛り上がりの観衆、そしてこの日のメインゲスト、バヒーア出身の人気バンドJammil e Uma Noitesの登場。更に大盛り上がりの観衆、その熱狂ったらすごかったっす。うっかり↓と同じくらいの盛り上がりの輪の中に入り込んでしまって、もみくちゃになりながらもライブを堪能。


まるで異国の村祭りに迷い込んだような気分になれるブラジル・フェスティバル、激オススメのイベントです。来年も楽しみ!
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-07 21:16 | 音楽部

Twitter

昨日は仕事でお世話になっている方とノミニケーション。両国ホルモンで美味しい肉とビールをたらふく。そんでわかれた後も渋谷のUMEちゃんバーで独り呑み。結構酔っ払ってしまって、帰路の記憶あやふやだったんだけど、今朝起きてTweetDeck立ち上げたら「酔っ払った。道端で寝ちゃいそう、なう」と自分のつぶやきがw。。どこでこんな書き込みしたんだろう・・全然覚えてない!いやー驚いた。そんな覚えてない人たちの祭典も来月開催予定なう!詳細は追って。

twitterのアカウントは↓こちら。フォローお待ちしております。
http://twitter.com/Shimagt
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-05 22:41 | 日常

2009年秋マラソンの予定

9月に入り、今年度も秋マラソンに向けていよいよシーズンインの気分です。

この夏は冷夏だったこともあり7月は255.1km、8月は281.1kmと例年以上に走り込みも出来ているんで、このまま練習を積み上げ2年後のボストンマラソンの出場資格をぜひクリアしたいところ。

今のところ、今年の秋は
10月24日 NIKE HUMAN RACE 10K (10km)
11月08日 世田谷246ハーフマラソン(HALF) 抽選待ち
11月22日 つくばマラソン(FULL)
の3レースに出場予定。ただし世田谷246は抽選待ちのため落選したら、つくばの前に一度もハーフを走らずフルマラソン迎えることになっちゃうんだよなー・・是非とも当たって!

そんで9月の練習は
月 補強運動(腹筋・腕立て)
火 ジョギング10km
水 ジョギング10km(with Nike Free)
木 ビルドアップ10km
金 ジョギング10km
土 距離走またはスピード練習
日 LSD
とするつもり。

早速今朝は距離走第1弾ということで代々木公園をキロ5分のペースで20km。今年の東京マラソン30km過ぎての失速は、やっぱ距離走の練習が足りてなかったんだと思うのでこの秋は苦手を克服ししっかりやっておこうと。

んで、ビールにアイスで夏太りしちゃった身体も11月22日つくばの本番までに-4kgの減量を目指しますです。やめたいやめたいと思っていたけどやめられなかった風呂上りのアイスを今度こそやめてみせるぞ!
[PR]
by runcomeplus | 2009-09-05 22:28 | No Running No Life