RunCome+

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ライブテープ

2010-7

c0191977_2372151.jpg

敬愛する松江監督新作「ライブテープ」

主演前野健太監督松江哲明による元日の吉祥寺、武蔵野八幡宮から井の頭公園までの74分ワンカットのロードムーヴィー。

去年の東京国際映画祭の特別上映、映画の舞台となった吉祥寺バウスシアターでのロードショーともっと早く見る機会はあったんだが、この映画の主役前野健太の歌が生理的に苦手で踏ん切りが付かずにいた。

けど池袋シネマロサでの上映もいよいよ最終日、やっぱダメだったら途中で出てくれば済む話。見なかったことを後悔するより、見つめる前に飛んでみようじゃないかと行ってきた。

んで、結論は見てよかった。見るべき映画だった。

普段池袋は仕事でもプライベートでもテリトリーじゃないんで、シネマロサもここでしか見ることの出来ない映画でしか行かない。それは「童貞をプロデュース。」だったし「SRサイタマノラッパー」だったり。

そんなある意味聖地で、しかも客席前方で松江監督自身見ているという中で対峙。

前半、やっぱ前野健太の歌に馴染めず居心地の悪さも感じていたが、さすが松江映画。単純に前野健太が歌って歩くのを淡々と撮るのではなく、仕込み仕掛けがそこここで。主演の前野氏は、時に松江監督の仕掛けの共犯者であったり、監督との段取りを裏切ってみたり。二人の駆け引きに魅せられているうちにすっかりこの映画のトリコに。街中で見ず知らずの人たちを前に歌を歌うという行為がここまで刺激的なんだと。

特にサングラスのくだり。予備のサングラスに笑い、無くなった父親に関するインタビュー中、意を決し再びサングラスを外す前野健太にグっときて目頭熱くしたり。

僕も普段心にサングラスかけて身の回りから少しだけ距離を置き、必要以上に自分を守ろうとすることあるけど、一歩踏み出しサングラスを外さないと前に進めないこともあるんだよね。そしてその結果待っていた奇跡のラスト。東京の空の輝き。まさかあんなラストを引き寄せるとは。

見終わった後は全てがリセットされ生きる力がわいてきた。いや生きたいと切実に思う自分がいた。

監督自身言っていたけど偶然も必然に見せるのがドキュメンタリーの真髄。映画に愛された松江監督ならではのマジック。

c0191977_2374217.jpg

今回も思ったけど、松枝監督ブログを読んでいる身としてはライブテープは、撮影当日からずっと知っていて気になってた映画。
http://d.hatena.ne.jp/matsue/20090101

その映画を見るという行為、そして見終わったあと感じる様々、日常自身が、連綿と続くドキュメンタリー松江哲明物語のエピソードのひとつのような気がしてくる。映画を見てる自分が映画を越えた松江ワールドに取り込まれていく感じ。

生きていかなきゃね。



次回作が早くも楽しみ。

http://www.spopro.net/livetape/
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-28 23:59 | 映画部

「太陽の墓場」 「忍者武芸帳 影丸伝」

2010-5,6

フィルムセンター 大島渚特集

c0191977_1852134.jpg

「太陽の墓場」(1960)
太陽の墓場を見るのは何年ぶりだろう。いや何十年ぶりだろう。学生の頃、いっぱしの映画少年気取りだった頃、ギラギラしてザラザラした映画に中てられ見終わった後、ひたすら放心していた記憶がある。

さすがに放心まではしなかったが、スクリーンから発せられるギラつきザラつきは色あせぬまま。

太平洋戦争敗戦から15年しか経っていない大阪釜ヶ先のドヤ街を舞台に、愚連隊の少年達、闇の売血斡旋で日銭を稼ぐ少女を主人公に出口の無い青春の焦燥を描いた今見ても面白い大島渚の映画。

実は結構なオールスターだった脇を固める名優達、演技を超えた魅力を発する主役の炎加世子。

通天閣を暁く彩る夕陽。

確かにせっかくの釜ヶ先ロケでありながら突っ込み不足な部分もあるが、この映画で60年の釜ヶ先を。「新宿泥棒日記」で69年の新宿を。「夏の妹」で返還直後72年の沖縄を、フィルムに残した功績には感謝するべきだ。

これから先もスクリーンで受け継がれていくべき映画。


「忍者武芸帳」(1967)

白土三平貸本時代の傑作漫画。戦国の世、百姓一揆を影で支援し民の民による世の中の実現を目指した忍者影丸を主人公とした物語で当時の学生に絶大な支持を得た漫画でもあった。

実写版では膨大な予算が必要とされた映画化で大島渚が取った手段は漫画原稿をそのまま撮影し紙芝居的な映画にするというものだった。

これは、その前に韓国に渡り自分で撮影したスチール写真にナレーションを乗せた「ユンボギの日記」で掴んだ手法を発展させたものだろう。

こちらも実は結構贅沢な役者達を声優として起用し、時間の関係で駆け足気味ではあるものの、壮大な絵巻物として成功させている。

この映画制作の時点で「忍者武芸帳 影丸伝」の原稿の一部は紛失されており、その部分は描き直されている。

これはオリジナルを除いた漫画の単行本に関しても同様で、そのため復元版という名称が使われてきた。

んで、今回このエントリーを書くために調べて知ったのだが、なんと去年の秋からオリジナルの貸本を元にデジタル処理をした復刻版が刊行されてるじゃないですか!これはヤバい。買わなきゃ、読まなきゃ。

ってことで、今年は復活した影丸と共に過ごす年になりそうです。
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-19 23:59 | 映画部

RODRIGO Y GABRIELA @Bunkamura Orchard Hall

ようやくライブ見れた。期待以上によかった!

ライブべニューでのスタンディングではなく、ホールで椅子席があってというスタイルの違いに戸惑いもあったようだが、世界各地をギター二本で渡り歩きライブを積み重ねてきただけあって最後は総立ち。アコースティックギターだけのインストバンドとは思えない盛り上がりだった。

カンペ見ながらの長文日本語MCも微笑ましい。観客とのコミュニケートの取り方が自然だし上手いんだなー。

マリアッチ、ジプシー、アイリッシュ、メタルロック、色んな土地の音楽の遺伝子が組み込まれた彼らの音楽は旅情かきたててくれるんだよなー。それがライブならなおさらのこと。

彼らを待つんじゃなく、旅の地で彼らのライブを見てみたい。

メキシコ、ダブリンどっちもいつか必ず訪れてみたい。

http://www.rodgab.com/
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-18 23:59 | LIVE

天使のはらわた 赤い教室 (消えゆく曽根中生 その2)

2010-4

c0191977_22434185.jpg

16日土曜日のシネマヴェーラは「天使のはらわた 赤い教室」「博多っ子純情」二本立てという今回の曽根中生特集の中でも僕的にマスト中のマストなプログラム。

けど、こんな日に限って野暮用が入り映画二本見てる時間なんてなさそう。けどけど、無理九里時間を作り「天使のはらわた 赤い教室」だけ見てきた。DVD持ってるんだけど、昨年からスゴイ勢いでロマンポルノの上映用プリントが廃棄処分となってるそうで、次またスクリーンで見れる機会があるかと考えると。

昨年亡くなった長谷部安春監督バイオレンスポルノの金字塔「レイプ25時 暴姦」ですら廃棄処分。現在池袋で最終上映中。Save The Vinylと同じくらいSave The Film!

今回シネマヴェーラの特集タイトル「消えゆく曽根中生」も海の藻屑と消えたとされる監督だからじゃなくて(苦笑)、今回上映フィルムのいくつかは廃棄処分を待ってもらっての上映とのこと。上映終了後消えゆく運命にあるフィルムたちなのだ。

石井隆のノアールな世界は家庭のモニターなんかより、繁華街の映画館の暗闇の中でこそ対峙する世界だしね。

この「天使のはらわた 赤い教室」(1979)は、僕にとって特別な映画の1本。公開当時79年の1月、博多天神フタタ上にあった日活でこの映画に出会った時の衝撃はまだ自分の中に生々しく残っている。この映画に出会わなければ、30年以上経った今でもプログラムピクチャーを追い続けているようなことはなかったのかもしれない。「ゴッドファーザー」がビートルズなら、「天使のはらわた 赤い教室」はピストルズ。

堕ちるだけ堕ちてゆく女、名美(水原ゆう紀)。彼女に救いの手を差しだすが、運命のいたずらに振り回される男、村木(蟹江敬三)。

名美と村木が最初にあった日、ホテルの窓が夕暮れからネオンに彩られるまでを一気に見せる有名な演出。

「あんたの名前、何ていうのさ。あんたじゃ失礼だから。」との問いかけに、「名美」と背を向けたまま答える女。

翌日夜再会の約束。残酷なすれ違い。雨の中待ち続け、裏切られたと思い行きずりの男と空虚な享楽の夜を過ごす女。

三年後の再開後、堕ちるとこまで堕ちた名美に「あなたのことを三年間探し続けた。」と村木。「私があなたを待ったのは、たったの三時間。」と答える名美。後ろ髪を引かれながらも立ち去るしかできない村木。まるで入水するかのように水溜を戻っていく名美。

最初見たときはまだ十代で(ホントはポルノ映画館にも入っちゃいけない年齢だった)、ラストの名美のセリフの重みが分かってなかったんだよなー。これまでも何度も何度も見てきてる映画だけど、この年になって見るとまた違った見方が出来るし、この先も見飽きることなんてない映画なんだろうな。

清純派女優からの転進に重大な決意をもってのぞみ、名美に魂を捧げたと語る水原ゆう紀の演技も素晴らしさも自分が年を重ねたことで、さらに分かるようになった。

またいつか、遠くないいつかに、映画館の暗闇でこの映画に出会えることを楽しみに待ちたい。
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-16 23:59 | 映画部

消えゆく曽根中生 その1

2010-02,03
シネマヴェーラ曽根中生特集でロマンポルノを鑑賞。

「色情姉妹」(1972)
社会の底辺に住み、高校生の頃から義父に無理矢理犯され続けている長女、女の色気を武器に男を食い物にしてのし上ろうとする次女、女番として喧嘩にあけくれる三女の姉妹の物語。

舞台は浦安なんだけど72年当時の浦安ってどんな位置づけだったんだろう。

映画の中唐突に和田アキ子「夏の夜のサンバ」が使われててビックリ。


全てを投げ捨て逃げ出そうとし、長女と次女が乗ったのが工事現場のトラックで労務者に二人犯されまくり最後は捨てられるというラストは強引過ぎるけど半裸の二人のたたずまいが妙にカッコよく終わってて、なんだかいい映画を観終わったような気分になったのにもビックリ。

「大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート」(1975)
大和屋竺脚本ってことで気になりつつ、中々タイミングあわず見れなかった映画。一昨年のラピュタでも見逃してたんで、ようやく見れて嬉しかったよ。

すんごいバカバカしい話をセット含め大真面目に真剣に遊んで作ってるんで、ホント面白い!ロマンポルノだからこその怪作というか傑作というか。

ひろみ麻耶っていい女だったんだなぁ、、なんてことも改めて思ったりして。

しかしあの独り芝居は凄すぎたw
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-15 23:59 | 映画部

世界で走ろう!

c0191977_14344622.jpg
雑誌BRUTUS最新号が面白い。「世界を走ろう!」というランニング特集なんだけど、いかにもブルータスらしい一味も二味も違うもの。ランニング特集で表紙に映画フォレスト・ガンプのシーンを持ってくるってセンスにも脱帽。ますます海外マラソン走りたくなってますます。
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-15 00:00 | No Running No Life

(500)日のサマー

2010-01

c0191977_1471339.jpg


ラブロマンスな恋愛映画は苦手なんだけど(映画だけじゃなく恋愛自体が苦手)北米在住gXcのatsu番長が選ぶ2009年ベスト1の映画ってことで、2010年最初の1本として見てきた。

女子の憧れの的になる存在からは遠く、かと言ってオタクになるほどでもないサブカル男子にとって、これほどリアリティのある恋愛映画も珍しいんじゃないかと。

ポップミュージックや映画で夢見た「運命の女性」。それが本当に現れて、自分に少なからず好意をもってくれてたとき恋に恋するサブカル男子はどうなるのか。

見ている間中ずっとなんとも痛恥ずかしな気分でしたよ。エレベーターの中、ヘッドフォンで音楽聴いているとき突然女の子に「私も××(バンド名、映画ではスミス)好きよ」なんて声かけられ恋が始まるなんて、たまらない話じゃないですか。

けど、実際の恋愛はポップソングや映画のようにならないもの。というのを出会って恋に落ちて付き合いだし、振られて諦めてしまうまでの500日間を時系列シャッフルしながら描いた映画。もう思い当たることありすぎなシーンの連発で、思い出さなくていいようなことまで思い出しちゃったり。

ときどき、学生時代に留年したり卒業できなかったりって夢を見ることがあって、起きてから「あー、無事社会人になっててよかった」と思うことがあるんだけど、これも「あー、無事青春期が終わっててよかった」と思っちゃいました。もう一度アレをやり直せって言われてもイヤだ。ポール・ニザンのアデン・アラビアじゃないけど。

なんだけど、粋なラストも用意されていて見終わった後うっかり恋をしたくなるのは困りもの。

映像もいろいろ凝ってて、思わずニヤリのダンスシーンも。

前述のスミスにしても、主人公が着ているのがジョイ・ディビジョンやクラッシュのTシャツだったり、振られて泥酔しカラオケバーで歌うのが"Train in Vain(Stand by Me)"だったりとディテールも楽しめるし、映画「卒業」の使い方も分かってらっしゃる使い方と色んな楽しめ方もする映画です。いちいち年の離れた妹に恋愛相談するとことかツボだった。

女子が女子目線で見たとき、全く違う映画に見えてるんだろうなと思える点でも興味深い。

でも、カップルで行くより独りで見るのをオススメする映画でもあります。

http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/

見終わって気付いたんだけど、この映画ってフォーリーブス「あなたの前に僕がいた」だよな。秋の前には夏があったのさ、あなたの前には僕がいた。

[PR]
by runcomeplus | 2010-01-14 23:59 | 映画部

I See What You Mean,Finally

c0191977_1743458.jpg

年明けライブ2本目は、Tower Records30周年イベント。なんとこの日は昨年解散したMiceteeth一夜限りの復活ライブ。

解散ツアーなどなく消えてしまったバンドなので、復活というより実質この日がラストライブなんでしょうね。しっかりこの目で見届けてあげますとも。

小学生の頃から一緒にライブに通い、小学校の放送部で彼らの曲をかけていたというエピソードを持つ我が家の長男(高2)とお出かけ。高2の子供と同じライブに行けるって、幸せなことだよなー。

マイスにあわせて息子はあとから来るってことで、僕だけ先乗りしまずはLikkleMaiちゃんのライブから。このところバンドでのライブにあわせて出かけてたんでThe K君と二人だけのアコースティックセットは久々。最小限の構成ながらしっかりグルーヴを紡ぎだすのは流石。いや、ホントお世辞抜きでライブを積み重ねてきたものが形になっているなぁと。

ブログで予告してたHeptones"Book of Rules"も良かったが、Bob Marley"WAR"の日本語カバーがまた良かった。今年ON-Uから出るコンピに収録で、エイドリアンが選んだ女性シンガーがそれぞれ母国語で"WAR"を歌うという企画らしい。これも楽しみだ。

続いてCWMを母体としたOperatorsが登場し、マイちゃんの曲3曲をセッション。そのままOperatorsのみのインストレゲエとステージは進む。Operators初めてライブ見たけどラウンジっぽさとルードさの加減がいいバンドだった。またライブ見たい。

清水ミチ子のモノマネライブや、もはや名人芸ともいうべき東京パノラママンボボーイズ楽しんでいるうちにいよいよ本日の大トリ、マイスティースの登場。この時点で既にフロアはラッシュ時の電車並み。

メンバーがセッティングしているだけで既に涙目。。後はひたすら至福のひと時を過ごせた。

最後の最後どの曲やるのか興味深かったんだけど"Rainbow Town"っていうのが意外なようで、演やられてみると納得の選曲。

アンコール含め12曲と腹八分目で終わったのも余韻残しで良かったのかも。

アレが聴きたかったコレも聴きたかったなんて言うのも野暮。何よりメンバーが楽しそうに最後のライブ楽しんでるのが良かった。

僕も最後は笑顔で見送れてよかったよ。

またいつかどこか、辿りついた先でめぐり合おう。

気がつけば長男は結構前の方まで行って見てた。きっと彼もマイスティース最後の姿瞼に焼き付けながら楽しんだことだろう。


tomorrow more than words
sleep on step
夜明けの小舟
~MC~
ネモ
salvia(ska)
霧の中
~MC~
ゴメンネベティ
レモンの花が咲いていた
sky ball
春のあぶく

~アンコール~
トルキッシュコルト
rainbow town
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-10 23:59 | LIVE

THERE IS NO FINISH LINE

c0191977_12342759.jpg
今年最初のNikeRunningClub@代々木公園織田フィールド。2007年から始まったMIDORI道場も今年で4年目。1年目1回目からほぼ皆勤しております。MIDORI先生今年もよろしく。

年明け1回目ってことで、正月に鈍った身体を目覚めさせるべく身体の軸の矯正に始まり、いつもよりジャンプ多めのストレッチ、キロ4分半チーム、5分チーム、6分チーム、7分チームに分かれての公園内ペース走。

僕は5分チームに参加。引率はMIDORI先生。周回コース4周後、抜き打ちのお年玉筋トレ開始w。片足スクワット結構きつかった。。。

普段ストレッチサボリ気味なんで、月に1度のこのクラブには今年も参加していきたいなと。

終了後は、バナナマスターのMIDORI先生に美味しいバナナを選んでもらい(これがホントに違いが分かるほど美味しかった)去年のホノルルの話、安田さんの話など、世間話。

年もあけて試し履き用のシューズもリニューアル、かなり色々モデルチェンジしてる様子。SpeedCageや軽くなったStructureなど興味あったが履くと欲しくなっちゃうからガマンガマンでありました。

けど、次回はどれか借りてみようかな。。

http://nikeplus.nike.jp/runningclub/index.html
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-09 23:59 | No Running No Life

ランブリンの新年会~とみやんの手料理を食べよう会~

1/8(金)渋谷7thFloor

今年の初ライブは、いつもお世話になっているランブリン宮内編集長主催イベント「ランブリンのディナーショー」新春特別編。ブルームーンカルテットのギタリスト、とみやんの手料理を食べながらブルームーンカルテットのライブを楽しんじゃおうという新年会企画。

ブルームーンカルテットは、去年宮内さんに教えてもらって、ゾッコンほれ込み是非是非ライブが見たかったバンド。

ってことで、仕事切り上げて渋谷へ。

残念ながら最初のバンドALOHAのライブは見れなかったが、ちょうど2番目ジェントルフォレスト6のライブが始まるとこでした。このバンド、全く知らなかったんだが、中々小粋でスウィンギンなジャズで良かったっす。なんでもジェントルフォレストジャズバンドというビッグバンドからの別働隊らしく、母体のビッグバンドも是非見てみたいところ。

そんな彼らのライブを楽しみつつ、とみやんの手料理をつまみにビール注入。料理が韓国屋台料理で、どれも絶品マジで美味しく、ビールもモルツプレミアの生なんで、序盤から結構なペースでグイグイと。。

そんで待望のブルームーンカルテット。なんと、とみやんはエプロン姿でステージへw。コルネット・ウクレレ・ベース・ドラムという編成。さすがにツワモノ揃い、ホントにステージ上で楽器で会話してることが伝わる「いい感じ」の演奏。ウクレレであれだけスウィングできるんだなー。

カルテットでの演奏の後は、飛び入りセッションタイム。まずは新年会の司会もつとめていた敷島(谷川)親方がぶっつけでマイクを持ち「敷島ブギ」と「Fly Me To The Moon」。

カンザスシティバンドやジェントルフォレストのメンバーも加わり「更にいい感じ」でセッション進行。ライディーンやランバダには思わず笑みも。

最後はバンバンバザールのボーカル、ピアニストも加わり「Sunnyside of the street」!

新年早々素敵なライブと美味しい料理&ビールで大満足な夜でした。

ふんで、〆にシロクマで鍋焼きうどん。沖縄土産のお菓子も頂き、ホッコリ暖かな気分で帰宅でした。

この日の敷島ブギは期間限定でYouTubeアップ中です。
http://www.youtube.com/watch?v=oK7mHziJl2o

※お店での打ち上げでもセッション2次会が始まり、その後別の店に流れ朝方までセッションは続いたそう。楽しかったろうな。
[PR]
by runcomeplus | 2010-01-08 23:59 | LIVE