RunCome+

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

BACK CITY BLUES KUMAMOTO

先週末から水曜まで、カミさん側の姪っ子の結婚式のため久々に九州に戻ってました。去年は1度も帰省してないんで、ホント久々。

姪っ子の結婚式は、キャンドルサービスの代わりに新郎新婦がビールサーバ(野球で売り子が背負ってるやつ)を背負い各テーブルにビールをサーブして回ったり、長崎出身の新郎側余興が人間コッコデショだったりと九州らしい式で、地震と原発事故の恐怖もしばし忘れ久々に笑い、笑える幸せに涙した1日でした。

しかしコッコデショ、こんなに迫力あるものだったんだ。長崎くんちも生で見に行きたいな。

んで、結婚式の後は、親族で柳川の川くだりや、鰻のせいろ蒸しを堪能し、実家へ。

鍋島、肥前蔵心、能古見といった有名な日本酒の蔵がある町でもあるんで、今年の花見用の酒の仕入れもと思ってたんだけど、東京向けのクール宅急便取り扱い中止とのことで、生酒の購入断念残念。。

そして最終日は、15才から22才までの青春ど真ん中を過ごした熊本へ。

カミさんの実家天草に行くため通り過ぎてはいたけど、市内をブラブラするのはホントに久々。

熊本へは開通したばかりの九州新幹線で。昔は佐賀から熊本って半日とは言わないけど、それなりの時間がかかっていたのに、ホントあっという間。新幹線速い!

まずは熊本駅近くの黒亭で玉子入りラーメンの昼食。玉子は卵黄のみ2個。これを溶いて麺に絡めて頂くんですが、とんこつスープと卵黄との絡み合いもたまりません。ラーメンに関しては東京でも、九州に近いものは食べられるようになってきてるけど、ダントツに美味いものはやっぱ地元じゃないと食べれません。
c0191977_2155086.jpg


昼食の後は、チンチン電車に乗って市街へ。今回の帰熊で会いたかった一人が下通りペーズリーの店長だったんだけど、残念ながら閉店してた。。。

仕方なくそのまま下通りから上通りへとブラブラと。東日本震災への街頭募金、熊本でも熱心に行われてました。

あ、そういえば美人時計の撮影もやってた。熊本版楽しみだ。

昔ながらの大衆食堂や、地獄温泉、変わらぬままの部分と変わってしまった部分を楽しみながら、かつて僕が手伝ってた輸入レコード屋GIGの跡地で感傷にふけってみたり。

そのまま藤崎宮へもお参り。1日も早く被災地の皆さんが日常へ戻れますように。

ブラブラついでに熊本城へ足を延ばしたら桜が咲いていた。
c0191977_21552496.jpg

束の間の熊本青春プレイバックの休暇、最後は鶴屋地下のFM791サテライトスタジオからのぶんやさん放送見学に。
c0191977_21555077.jpg

僕が熊本で過ごしてた頃、ぶんやさんはサタデー・ミュージック・スペシャル(SMS)というPVを流すテレビ番組をやってた。

これはキー局でも一般的になってない頃で、地方局のローカル番組としては画期的な番組だった。

更にクラッシュやブロンディーなどパンク、ニューウェーブのPVも積極的に紹介してくれていた。

もちろんラジオでもお世話になったロックの兄貴分である。

SMSのスタッフだったY代ちゃんやアシスタントだったYと遊び仲間であったこともあり、ぶんやさんもGIGのお客でもあったので、何度かお会いはしてたんだが、こうしてブログやTWITTERで再び交流できることになるとは思ってなかった。

ちょっとだけだったけど、ぶんやさんの元気な声と笑顔で、僕も元気になれました。こんど機会あれば飲みにいきましょう!
[PR]
by runcomeplus | 2011-03-26 21:56 | 日常

長野マラソン中止

40代最後のフルマラソンで念願のサブ3.5をと練習に励んでいた長野マラソン、残念ながら中止になりました。

出来れば開催してほしいと願ってたし、自粛ムードに流されての中止なら納得いかないところですが、「安全・スムーズな大会運営ができないと判断」のうえであれば仕方ありません。事務局の決定を尊重します。

参加費の義援金転用も異論なし。

ただし、エントリーやホテル確保などの無駄な大変さを考えると、来年再び目指したいかといえば微妙だなー。

今の気分としては、もう長野はいいや。です。1年後心変わりしてるかもしれないけど。

長野で3時間25分切って、9月に来年のボストンエントリーとの目論見もこれでオジャン。

ボストンへの道は険し。。。

10月のシカゴ、自己ベストを目指すか、タイムより雰囲気を味わってのレースにするか迷ってたけど、これで迷いようもなくなった。

シカゴでサブ3.5を目指し、ロングスパンでトレーニングに励もう。
[PR]
by runcomeplus | 2011-03-26 17:10 | No Running No Life

震災被災者のための勝手にチャリティーとして走ります

太平洋沖地震で亡くなられた方たちに、心から追悼の意と、ご冥福を祈ります。
被害に遭われた方たちには、お見舞いを申し上げます。正直、かける言葉がみつかりません。
ただ、希望を持って共に頑張りましょう。

日英で暮らしていたランナー、マーラ・ヤマウチさんが紹介してたイギリスのチャリティーの仕組みです。
ランナーが、目標を二段階か三段階決め、賛同者を募るというチャリティーがあるそうです。
例えば、①完走したら£xxを寄付
     ②目標タイムをクリアしたら、さらに£xxを寄付
     ③目標タイムをxx分以上上回れば、さらに£xxを寄付。
    
ランナーが、自分が上記3段階の目標をクリアすることで、より多くのチャリティーが出来ることをモチベーションに走るという仕組みだそうです。

残念ながら日本のマラソン大会に、上記のようなチャリティーを実現する仕組みはありませんが、もし賛同してくれる方がいれば僕は長野で二段階の目標を決め、それに向け走ろうと思っています。

①最初の目標は、グロスサブ3.5。3時間半以内での完走です。
②次の目標は、3時間20分以内での完走です。

額や寄付先は、あなたが決めてください。

もし私が、上記目標をクリアできたら、ここで報告しますので、あなたが決めた額をあなたが決めた団体に寄付してください。
もちろん私も実行します。

このような時に、無事生きていられること、走れること、特に長野で走らせてもらえることのありがたさを胸に刻み、私が走ることで何がしかのことが出来ればと思っています。

ご協力よろしくお願いします。
[PR]
by runcomeplus | 2011-03-13 23:47 | No Running No Life