RunCome+

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Yellow is the color of Sunrise

c0191977_9274722.jpg

長野マラソンで、自己記録更新し念願の3時間半の壁も越えられたので、次の目標に向かい心機一転、練習用シューズ新調。

エアラン練習会と週末スピード練習のポイント用に、NIKE LUNAR SPEED LITEの夏カラー、クリーム・イエロー(写真・右)を。これまではZOOM SPEED LITE STを使ってたけど、ワンランク上げてLUNARの方で。

ソールがLUNAR SPIDER LTと同じタイプなので、これで慣れて秋のレースはLUNAR SPIDER LTでガンガン走って記録更新を狙いたいと思ってます。

NIKE FREEもバージョン・アップしたので購入。09年キミのランが豹変する」キャンペーンのときに5.0を買って使ってたけど、履きつぶしてから間があいていたので、こちらも1つ上げて4.0を購入(写真・中)。

週に一度はNIKE FREEでジョギングする日を設けて、「野生のつよさ」を鍛えていきます。

ついでにエスパドリュー風の夏物スニーカー(写真・左)も購入。Nikeのカテゴリーではサンダル扱いのようです。この夏は足元黄色。Yellow is the Color of Sunrise. Keep on Moving ですYo!
[PR]
by runcomeplus | 2012-05-03 09:28 | No Running No Life

80年代アメリカ映画100

日記は諦めました。。。

c0191977_9114919.jpg

「80年代アメリカ映画100」
就職のため九州から上京してきたのが1984年の春。ちょうどミニシアター・ブーム始まりの頃で(シネヴィヴァン六本木が83年、シネセゾン渋谷が85年オープン)、やはりこの時期の映画、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「パリ、テキサス」「レポマン」などが印象深い。

ただミニシアターではヨーロッパ映画が好んで取り上げられていたので、当時はアメリカ映画より多くのヨーロッパ映画を見ていたんじゃないだろうか。

明るくない未来を描いた傑作SF「ブレードランナー」と「未来世紀ブラジル」の2本も、印象深い作品。ただブラジルはアメリカ映画っていう認識じゃなかった。

「ブレードランナー」は公開時は見逃していて(熊本じゃやらなかった?)、福岡の大学に通う友人に散々話だけは聞かされていた作品。84年の初夏頃かな、吉祥寺の2番館で上映してて、これ幸いと仕事帰りに夕食のハンバーガー買って最終上映に3日間通って観た覚えがある。

ミニシアター上映だったか、記憶がないがリンチの「ブルー・ベルベッド」も外せない1本。

てな感じで、自分にとって印象深い80年代アメリカ映画を10本あげると(順不同)

01.ストレンジャー・ザン・パラダイス
02.ワイルド・スタイル
03.ブレードランナー
04.未来世紀ブラジル
05.ブルー・ベルベッド
06.イヤ・オブ・ザ・ドラゴン
07.ストリート・オブ・ファイアー
08.ワンス・イン・ア・タイム・イン・アメリカ
09.スカーフェイス
10.ドゥ・ザ・ライト・シング

次点:スタンド・バイ・ミー

かな。

ウィルター・ヒル「ロングライダーズ」、シドニー・ルメット「プリンス・オブ・シティ」はもう一度ちゃんと見直してみたい。
[PR]
by runcomeplus | 2012-05-03 09:12 | 図書係